Rolling Stone

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

2017年のオスカーを占う:誰が獲るべきか、誰が獲るのか

RollingStone Japan 編集部 | 2017/02/25 11:00

| 2017年のオスカーを占う:誰が獲るべきか、誰が獲るのか。 |


<助演男優賞>
マハーシャラ・アリ『ムーンライト』
ジェフ・ブリッジス『最後の追跡』
ルーカス・ヘッジズ『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
デブ・パテル『LION ライオン 25年目のただいま』
マイケル・シャノン『Nocturnal Animals』

この部門の最年少は、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』で力強い熱演を見せた若干20歳のルーカス・ヘッジズ。一方、67歳のジェフ・ブリッジスも、20歳前後の時に『ラスト・ショー』(71)で初めてオスカーにノミネートされた。このベテランは、今年は『最後の追跡』で狡猾なテキサス・レンジャーを演じている。

本命:マハーシャラ・アリ
番狂わせ:他の候補は考えられない。今年はアリが獲るだろう。


『ムーンライト』のマハーシャラ・アリ。(C)2016 A24 Distribution, LLC

<助演女優賞>
ビオラ・デイビス『Fences』
ナオミ・ハリス『ムーンライト』
ニコール・キッドマン『LION ライオン 25年目のただいま』
オクタビア・スペンサー『Hidden Figures』
ミシェル・ウィリアムズ『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

三人の素晴らしい黒人女性(ビオラ・デイビス、ナオミ・ハリス、オクタビア・スペンサー)が同じ部門で競り合うことは、オスカー史上、かなり画期的なことである。

本命:ビオラ・デイビス
番狂わせ:ミシェル・ウィリアムズ


『マンチェスター・バイ・ザ・シー』のミシェル・ウィリアムズ。(C)2016 K Films Manchester LLC. All Rights Reserved.
Translation by Sahoko Yamazaki

RECOMMENDED

おすすめの記事