Rolling Stone

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

2017年のオスカーを占う:誰が獲るべきか、誰が獲るのか

RollingStone Japan 編集部 | 2017/02/25 11:00

| 2017年のオスカーを占う:誰が獲るべきか、誰が獲るのか。 |


<監督賞>
デイミアン・チャゼル『ラ・ラ・ランド』
メル・ギブソン『ハクソー・リッジ』
バリー・ジェンキンス『ムーンライト』
ケネス・ロナーガン『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
ドゥニ・ビルヌーブ『メッセージ』

一番の驚きは、アカデミーがメル・ギブソンのノミネートを許したことだろう。酒癖の悪いギブソンは、酔った勢いで反ユダヤ主義を主張する暴言をして以来、世界中から非難を浴びてきた。ギブソンは『ハクソー・リッジ』でオスカーの恩寵を得たが、同じような慈悲は昨年のサンダンス映画祭で話題をさらった『バース・オブ・ネイション』のネイト・パーカーには与えられなかった。怒れるメル・ギブソン、マッド・メル(マッド・マックス)は行き着くところまでまで行けるのか? いや、全く期待できないだろう。

本命:デイミアン・チャゼル
番狂わせ:バリー・ジェンキンス


『ムーンライト』のバリー・ジェンキンス監督。(C) 写真:AP/アフロ

<脚本賞>
『ラ・ラ・ランド』デイミアン・チャゼル
『ロブスター』ヨルゴス・ランティモス、エフティミス・フィリプ
『マンチェスター・バイ・ザ・シー』ケネス・ロナーガン
『20センチュリー・ウーマン』マイク・ミルズ
『最後の追跡』テイラー・シェリダン

『ロブスター』と『20センチュリー・ウーマン』は作品賞にノミネートしていないので、この2作品に期待するのはやめておこう。『ボーダーライン』(15)の脚本で高評価を集めた『最後の追跡』のテイラー・シェリダンは有力候補に違いないが、オスカーにはまだ早いだろう。

本命:デイミアン・チャゼル
番狂わせ:ケネス・ロナーガン

『20センチュリー・ウーマン』(C) 2016 MODERN PEOPLE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

<脚色賞>
『メッセージ』エリック・ハイセラー
『Fences』オーガスト・ウィルソン
『Hidden Figures』セオドア・メルフィアリソン・シュローダー
『LION ライオン 25年目のただいま』ルーク・デイビス
『ムーンライト』バリー・ジェンキンス、タレル・アルビン・マクレイニー

批評的にも興行的にも成功を収めた『Hidden Figures』が番狂わせを起こす可能性がある、と予測するオッズ屋もいる。しかしその確率は極めて低いだろう。

本命:バリー・ジェンキンス、タレル・アルビン・マクレイニー
番狂わせ:オーガスト・ウィルソン


『ムーンライト』(C)2016 A24 Distribution, LLC
Translation by Sahoko Yamazaki

RECOMMENDED

おすすめの記事