37年前に水死したナタリー・ウッド、当時の夫が重要参考人に浮上

Amelia McDonell-Parry | 2018/02/03 10:55

| 1980年、ロサンゼルスで撮影されたロバート・ワグナーとナタリー・ウッド(Photo by Walter McBride/Corbis via Getty Images) |

往年のハリウッド女優、ナタリー・ウッドが水死体で発見されてから35年以上が経過。米現地時間2月3日放送予定のCBS『48 Hours』のスクープによると、捜査当局の間で当時の夫、ロバート・ワグナーが「重要参考人」として浮上したことが分かった。

ハリウッドのミステリーだった「謎の死」

1981年、ナタリー・ウッドが水死体で発見された。突然の、そして早すぎるウッドの死は悲劇的な事故なのか、殺人なのか――。これは彼女の死後35年以上、ハリウッドのミステリーとなっている。

当時43歳のウッドは、カリフォルニア州南部のサンタカタリナ島の沿岸に停泊したプライベート・ヨットにいた。1981年11月下旬のことで、映画『ブレインストーム』の撮影中だった。そしてある夜、彼女の姿が忽然と消え、翌朝約1.5キロ先の海上に溺死体となって浮いているのを発見された。フランネルのネグリジェに赤いダウンコートを羽織った姿で。

2週間の捜査の後、警察はウッドの死を事故死と断定。しかし、それ以降、事あるごとに「事故ではない」という噂が出ては消えていた。当時、このヨットには『ブレインストーム』で共演中だった俳優クリストファー・ウォーケン、船長デニス・デヴァーン、ウッドの夫であるロバート・ワグナーの3人が同乗していたのだが、彼らの証言は食い違っていた。

2011年になってロサンゼルス郡保安局が事故の再捜査を開始。翌2012年に検視官が当初の「不慮の水死」という解剖所見を「沈溺とそれ以外の要因が引き起こした死」と訂正した。米現地時間2月3日放送予定のCBSのニュース番組『48 Hours』のスクープによると、捜査官たちはロバート・ワグナーを正式に「妻の死に関わる重要参考人」として捜査対象に特定した(この件のコメントを求めたワシントン・ポスト紙に対してワグナーの代理人はコメントを拒否している)。

「ここ6年間、事故の捜査を続けてきて、彼がこの事故に関わっている可能性が高まった」と、ロサンゼルス郡保安局のジョン・コリナ副保安官が『48 Hours』に語った。「我々はウッドが行方知れずになる前、最後に一緒にいたのがワグナーだと確信している」と。
Translated by Miki Nakayama

RECOMMENDED

おすすめの記事