DJスネイク、セレーナ・ゴメスらを迎えたレゲトン調のシングル「タキ・タキ・ルンバ」をリリース

Rolling Stone Japan 編集部 | 2018/09/30 13:15

| DJスネイクの最新シングル「タキ・タキ・ルンバ」には、オズナ、セレーナ・ゴメス、そしてカーディ・Bがフィーチャリングされている(Photo by PRESS) |

ULTRA JAPAN 2018での来日も記憶に新しいDJスネイクが、最新シングル「タキ・タキ・ルンバ」を配信開始。セレーナ・ゴメス、カーディ・B、オズナと言った豪華アーティストをフィーチャリングした同曲は、スペイン語と英語で歌唱されるダンサブルな楽曲に仕上がっている。

同シングルは、レゲトン調のクラブ楽曲を制作したいと思ったDJスネイクがラテン界のスター=オズナに声を掛けたところ、楽曲のベースが完成。スペイン語が話せる女性ボーカルも加えたいという思いから、セレーナ・ゴメスとカーディ・Bの参加が実現したという。


 
ラテン界よりオズナ、ポップス界よりセレーナ・ゴメス、ヒップホップ界のカーディ・Bと、音楽界のスターが顔を揃えたことに対して、DJスネイクは「3人が最高の楽曲に仕上げてくれた」とコメント。4人揃っての撮影に挑んだミュージック・ビデオも近日公開予定だ。



<リリース情報>

Taki-Takiジャケ写真

DJスネイク
「タキ・タキ・ルンバ feat. セレーナ・ゴメス、カーディ・B、オズナ)」
試聴・購入:https://umj.lnk.to/takitaki

Rolling Stone Japan 編集部

RECOMMENDED

おすすめの記事