ジャスティン・ティンバーレイク、プリンスへ哀悼:「僕が書いた曲のあらゆる部分に彼は存在している」

子供の頃から憧れていたプリンスへ哀悼の意を示した、ジャスティン・ティンバーレイク(Photo by Frank Micelotta/Getty Images,Samir Hussein/WireImage)


ティンバーレイクは、自分のソロ・キャリアにおいて最も大きな影響を受けたとして、いつもプリンス(そしてマイケル・ジャクソン)について語っている。アルバム『フューチャー・セックス/ラヴ・サウンズ』をリリースしたころのMTVニュースのインタビューでは、ティンバーレイクはより実験的なR&Bサウンド作りにインスピレーションをもたらしたとしてプリンスとデヴィッド・ボウイの名を挙げている。「プリンスは他の誰でもない」と彼は語る。「思うに、彼はずっと、意識的なインスピレーションになり続けていたんだ」。






Translation by Kise Imai

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE