「ツタロックフェス2018 クイックレポ」04 Limited Sazabys:一気に沸点へと引き上げる豪快なパフォーマンス

04 Limited Sazabys(Photo by Megumi Suzuki)

本日3月18日、幕張メッセ 国際展示場9・10・11ホールで開催中のツタロックフェス2018。MASSIVE STAGEに出演した04 Limited Sazabysのクイックレポートをお届け。

まだ誰の汗も流れていないまっさらなステージに姿を現した04 Limited Sazabysの4人が、時間を惜しむかのようにすぐさまフロアに叩きつけたのは初期の代表曲「monolith」。助走も何もなく、ステージ、フロアともに一気に沸点へと引き上げていく様は見事。まるで既にライブ1本終えてきたかのような勢いだ。「ツタロック、準備できてますか!」というGEN(Ba, Vo)の短い挨拶の後は、そのまま「Buster call」「fiction」へと前傾姿勢のままなだれ込む。

「我々はTポイント、貯めてます。ていうか、俺ら、Tポイントカードになってるから」と主催者を意識した気の利いたMCをするGEN。その直後、「Tポイント以外のものも“たまってる”んじゃないですか? ここで吐き出してもいいですか?」と朝っぱらからいい具合の下ネタを織り交ぜ、中盤戦へ。

夜型人間の多いバンドマンにとって、午前中のライブというのはかなり辛いはず。しかし、そんな逆境をバネにしているというか、いい意味でヤケになっているような、いいテンションを見せるフォーリミの面々。そんなメンタルが音にもよく現れている。ボトムの効いたリズム隊に支えられ、2本のギターが自由に疾走する。GENのヴォーカルも力強く、かつ伸びがあって気持ちがいい。RYU-TA(Gt)による煽りがさらにフロアの興奮を煽っていく。

CMソングとしてもお馴染みの「happiness」で一見客の心も引きつつけ、続く「me?」ではグッとテンポを落としてメリハリをつけ、ラストへ向けてのフックを上手く埋め込む。フロアは既に「最高の絶景、ごちそうさまです!」とGENに言わしめるほどの観客で埋め尽くされていた。

最後は、あちこちで起こったサークルモッシュが白色の照明に照らされるなかプレイした「Terminal」から、4人の新たな代表曲「Squall」へとつなげ、あっという間のエンディングを迎えた。器用というよりも豪快、巧いというよりも老獪。そんなことすら思わせるライブだった。朝からいいものを見た。ああ、こういうときに使うんだな、“早起きは三文の徳”って。

SET LIST
04 Limited Sazabys

1. monolith
2. Buster call
3. fiction
4. swim
5. Warp
6. happiness
7. me?
8. midnight cruising
9. Terminal
10. Squall

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事