「ツタロックフェス2018 クイックレポ」OGRE YOU ASSHOLE:轟音のサウンドスケープから紡がれる物語

OGRE YOU ASSHOLE(Photo by Taichi Nishimaki)

本日3月18日、幕張メッセ 国際展示場9・10・11ホールで開催中のツタロックフェス2018。COSMIC STAGEに出演したOGRE YOU ASSHOLEのクイックレポートをお届け。

昨年行われた2マンライブのような流れで、D.A.N.からOGRE YOU ASSHOLEへとバトンが渡される。主催者、これ絶対狙ってたでしょ。

SEも何もなく、観客からの温かい拍手に迎えられて登場したオウガの面々。こちらの心の準備が整う前にケツをなで上げるようなベースラインが鳴り響く。「寝つけない」だ。深いリバーブのかかった出戸学(Gt, Vo)のヴォーカルがCOSMIC STAGEに響き渡り、爆音のスロウジャムで場内をサイケデリックに染め上げる。体内にジワジワと浸食するような演奏がたまらない。

シームレスに「ロープ」へとつなぎ、スペイシーな演奏が続く。出戸のヴォーカルは楽器の一つのようにアンサンブルへ溶け込み、4人のパフォーマンスはさらに奥深いどこかへと潜っていく。そして、ガラッとビートに変化をつけ、「フラッグ」へ。ギラギラと鼓膜を突き刺す出戸と馬渕啓のギターフレーズ、PCのキーボードに置かれた筆者の指をブルブルと震わし続ける清水隆史のベースライン、少ない手数で圧巻のグルーヴを生み出す勝浦隆嗣のドラムは徐々にダンス・ミュージックへとトランスフォームを遂げていく。この展開は今日のハイライトと言える。

「見えないルール」でいったん演奏を終えると、あっという間にラストナンバー「ワイパー」だ。繰り返されるメロディアスな旋律と、吸い込まれそうな轟音の渦。気を抜いていたら天に召されてしまいそうな演奏の圧力に恐れすら抱きながら、“どうかこのまま終わらないでほしい”と願う自分がいた。40分に及ぶ壮大な物語、この続きを味わいたいのならライブハウスへ、ということだ。

SET LIST
OGRE YOU ASSHOLE
1. 寝つけない
2. ロープ
3. フラッグ
4. 見えないルール
5. ワイパー

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事