ジャスティン・ビーバー、婚約者ヘイリー・ボールドウィンに愛の歌をストリート演奏

英バッキンガム宮殿の外にある噴水で演奏するジャスティン・ビーバー(Photo by Ricky Vigil M/GC Images)

ジャスティン・ビーバーは、ロンドンのストリートで即興アコースティック演奏を婚約者ヘイリー・ボールドウィンのために披露。ヒット曲「コールド・ウォーター」と、トレイシー・チャップマンの「ファースト・カー」を演奏した。

ジャスティン・ビーバーがロンドンのストリートで、婚約者ヘイリー・ボールドウィンに愛の歌を捧げた。ボールドウィンが見つめる中、バッキンガム宮殿の外にある噴水で世界的ポップスターがいきなり路上演奏する姿を、大勢のファンが目撃した。

若い恋人同士はロンドン観光中にバッキンガム宮殿へ立ち寄ると、ビーバーがいきなりアコースティックギターで路上演奏をスタート。2016年のメジャー・レイザーとのコラボレーション「コールド・ウォーター」のほか、トレイシー・チャップマンの「ファースト・カー」をボールドウィンに捧げた。周囲には大きな人だかりができた。

ビーバーとボールドウィンは今年7月に復縁してから2か月で婚約。最初の交際は2015年末。2016年初期には別れたにも関わらず、2人がすでに結婚したのではないかという報道が後を絶たなかった。ボールディウィンはTwitter上で極秘結婚の噂を否定(ちなみに、このツイートはのちに削除された)。ところが、叔父のアレック・ボールドウィンはエミー賞授賞式の際にエンターテンメント情報番組Accessとのインタビューで、2人はすでに結婚したと話している。

音楽面では、昨年10月にビーバーの『パーパス』ワールドツアーの追加公演終了後、ボールドウィンのほうでは目立った動きはほとんどなし。ビーバーのほうは、今年2曲のコラボレーションに参加している。ひとつは、長年コンビを組んできたプー・ベアの新曲「ハード・トゥ・フェイス・リアリティ」にJAY ELECTRONICAとともに参加。また、クエヴォやチャンス・ザ・ラッパーらとともに、DJキャレドの「ノー・ブレイナー」にも参加している。






アンソニー・C・ビール
バッキンガム宮殿の前の噴水に座ってたら、デカイ黒塗りの車がいきなり俺の前に止まって、ピンクのパーカーを着た男がギターを持って出てきた。と思ったら、なんとジャスティン・ビーバー! 彼女のためにいきなり即興演奏始めたよ。
2019年9月19日





ニューズウィーク
ジャスティン・ビーバーが婚約者ヘイリー・ボールドウィンに愛を捧ぐ  ロンドンのバッキンガム宮殿の前で即興演奏

Translated by Akiko Kato

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事