アジカン、3年半ぶりとなるニュー・アルバム『ホームタウン』を12月にリリース

3年半ぶりとなるオリジナル・アルバム『ホームタウン』の発表に合わせて、新たなアー写を公開したASIAN KUNG-FU GENERATION(Photo by PRESS)

ASIAN KUNG-FU GENERATIONが、『Wonder Future』以来3年半ぶりとなるオリジナル・アルバム『ホームタウン』を12月5日にリリースする。これに合わせて、新たなアーティスト写真が公開された。

新作には、アニメ映画『夜は短し歩けよ乙女』の主題歌となった「荒野を歩け」、先行シングル「ボーイズ&ガールズ」など、計10曲を収録。初回生産限定盤にはCDとDVDが付属され、『Can’t Sleep EP』と題した付属のCDには、新曲4曲と今年3月リリースの『BEST HIT AKG 2 (2012-2018)』に収録された「生者のマーチ」を加えた、計5曲が収録される。また、「荒野を歩け」「ボーイズ&ガールズ」「生者のマーチ」の3曲は、ニュー・アルバム用の最新ミックスが味わえる。
 
そして、『Can’t Sleep EP』に収録の新曲「廃墟の記憶」が、サントリービールの「ザ・プレミアム・モルツ」ブランドによる”2018年金曜日プロモーション”『The Premium Music』キャンペーン第8弾ソングに決定した。「廃墟の記憶」は、ストレイテナーのホリエアツシが作曲を手がけ、一部ボーカルをとるスペシャルな楽曲。同キャンペーンでは「ザ・プレミアム・モルツ」に付属する応募シールのシリアルナンバーを特設サイトで入力することで、10月26日(金)~28日(日)の3日間、「廃墟の記憶」をいち早くストリーミング試聴できるという。



<リリース情報>

ASIAN KUNG-FU GENERATION
『ホームタウン』
発売日:2018年12月5日(水)

■初回生産限定盤(2CD + DVD)
KSCL-3121~3123 ¥4,600+tax
※プレイパス対応
 
■通常盤(CD)
KSCL-3124 ¥2,913+tax
初回仕様:※プレイパス対応

公式サイト:
http://www.asiankung-fu.com

Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE