リンゴ・スターが語る『ホワイト・アルバム』のリマスタリング「俺たちはプレイするのが大好きな4人の若造だった」

ホワイト・アルバムのリマスター作業を語ってくれたリンゴ・スター(Photo by Shutterstock)

率直な語り口で、リンゴ・スターは78歳の現在も多忙を極める理由、ホワイト・アルバムのリマスターのおかげで、50年前に作ったビートルズの楽曲が今でも新鮮に聞こえる理由を語ってくれた。

現在リンゴ・スターは全盛期を楽しんでいる。もうすぐ傘寿を迎えるビートルズのドラマーには、生きるスピードを緩める気はまったくないようだ。天啓ともいえる新たなスーパーデラックス版ホワイト・アルバムのおかげで、彼の伝説に勢いがついている。ジャイルズ・マーティンが1968年の傑作に新たに施した革新的なミックスで、ファンはリンゴの演奏の新たな風味を味わうことができるのだ。そう、ついに「ロング・ロング・ロング/Long, Long, Long」でロックするリンゴのドラムを聞くことができる。そして、これを聞くと、彼の熱狂的なファンが昔から信じていた通り、リンゴはまさしくビートルズの心臓部だったと気付くのである。

しかし、今でもリンゴは前進し続けている。「想い出のフォトグラフ/Photograph」を歌った78歳のおしゃれでお茶目な紳士は、大型の豪華写真集『Another Day in The Life(原題)』を出版した。この写真集は世界各地をまわるリンゴの冒険を記録したもので、時代はビートルズ時代にまで遡る。彼の言葉を借りると「自分で撮った写真と手に入れた写真」ということだ(リンゴが『ハード・デイズ・ナイト』で言ったように、本から学ぶことができる)。この写真集の序文を描いているのがデヴィッド・リンチで、リンチはこの本を「書籍の形をしたリンゴイズム」と呼ぶ。またリンゴ自身の手によるユニークなコメンタリーもある。例えば、『アビイ・ロード』の有名なジャケットについての思い出は、「僕たちはスタジオの椅子に座って『ジャケット写真が必要だよな。ハワイに行こうぜ。エジプトに行こうぜ。ああ、もう、面倒だ。前の通りでも渡るか』と考えていた」だ。

また、彼は長く続けているオール・スター・バンドの30周年を記念するツアーを発表したばかりでもある。現在のオール・スター・バンドは、これまでのTOTOのスティーヴ・ルカサー、メン・アット・ワークのコリン・ヘイ、サンタナのグレッグ・ローリーに加え、アヴェレージ・ホワイト・バンドのヘイミッシュ・スチュアートが新たに加わっている。また、最近、リンゴはイギリスのバッキンガム宮殿に立ち寄ってナイト爵を授かった。リンゴ卿の誕生だ。

そして、他のみんな同様、リンゴもリマスタリングされたホワイト・アルバムを楽しんでいる。この最新バージョンは、収録曲が新たにステレオと5.1サラウンド・サウンドでミックスされており、加えて未発表音源を集めたCDが4枚ついている(通常の「ヘルター・スケルター」でリンゴの指にマメが出来ると思っているそこのあなた、この曲の13分バージョンをぜひ聞いてほしい)。ハードな日々を過ごしているナイトが、ローリングストーン誌にドラミング、ダンス、写真、ビートル時代の思い出、ホワイト・アルバムの再発見について語ってくれた。

―新しい写真集とツアーの発表、おめでとうございます。最近は本当に忙しくしていますね。

最近の俺の仕事はツアーになっているね。3月の日本ツアーからこのツアーが始まって、夏にアメリカをまわる。俺には時間がたくさんあるから、とにかく演奏したいんだよ。もちろん、ドラマーだからソロでツアーをすることは無理だ。俺がギタリストだったら、フォークシンガーになって毎日どこかにでかけてプレイしていたはずさ。

―ライブの醍醐味の一つが、あなたがいつも披露する最高のダンスです。

ああ、俺は最高だよ。ダンスがかなり上手いって自覚もあるよ。俺の身体にはリズムが刻まれているから。

Translated by Miki Nakayama

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事