最新映画予告編まとめ:『トイ・ストーリー4』から実写化した「ピカチュウ」や「ダンボ」まで

来年公開される『トイ・ストーリー4』(Photo by Disney/Pixar)

トイ・ストーリーの続編からポケモン映画、さらにはティム・バートン監督による『ダンボ』の実写ミュージカル作品まで、今週注目の予告編をローリングストーン誌が総まとめ!

解禁と同時にミレニアル世代を熱狂させた『名探偵ピカチュウ』を筆頭に、届いたばかりの予告編には、かわいい要素が満載だ。ウッディ、バズ、そして仲間たちの新しい冒険を予感させるシンプルな予告編、負け犬たちが集結して片田舎の美人コンテストや外見で人を非難する人々を相手取る物語、リアルなマンガ風のルックス、ディズニーの名作の実写化、そして今年の最高傑作となりうる大目玉作品などの予告編が到着した。今週のお勧めをまとめて紹介しよう。

『アリータ:バトル・エンジェル』

「人間じゃないから、怖い?」正直に答えるなら、アニメ風のやたらと大きな眼は少し怖い。ジェームズ・キャメロン監督とロバート・ドロリゲス監督が共同で手がけた本作の新しい予告編では、半機械人のサイボーグの少女(ローザ・サラザール)が主人公の伝説的なSF漫画を、最新技術によって正真正銘のヒット作へと変身ようとする両監督の試みがさらに明らかになった。とりわけ、デジタルなバックグラウンドやエフェクトをフル活用して描かれるサイボーグ対サイボーグの熱い格闘シーンは必見だ。その表現がいいか悪いかはさておき、まさにドーピング版『マトリックス』と言えるだろう。シーンは短いが、マハーシャラ・アリとジェニファー・コネリーも出演している。アメリカでは、2019年2月14日のバレンタインデーに公開され、日本では2019年2月22日の公開予定だ。

『ダンボ』

「ティム・バートン監督の想像力が生んだ」と予告編が紹介する、空飛ぶゾウを描いたディズニーの名作の実写版のことを知れば知るほど、バートン監督とディズニーがどのような作品に仕上げたかを観るのが待ち遠しくなる。この予告編も、バートン監督の世界観があふれている! 何と言っても目を惹くのがサーカスのシーンだ。颯爽としたコリン・ファレル、ペンギンのようにグロテスクな風貌のサーカス団長に扮したダニー・デヴィート、ルイーズ・ブルックスのコスプレを彷彿とさせるエヴァ・グリーン、銀髪が印象的なマイケル・キートンをはじめとするキャストも超一流なのだ。そして、出演しているすべての子役たちからは、湧き出るような子どもらしい驚きが感じられる。劇場公開は2019年3月29日。あともう少しだ。

Translated by Shoko Natori

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事