NELL

Rolling Stone Japanが選ぶ、2019年注目のアーティストに「2018年の年間ベスト」を答えてもらうこのコーナー。今年は日本で単独ライブやアコースティック・ライブを開催するなど、韓国国内・国外問わず精力的に活動を続ける韓国のロックバンド、NELLのキム・ジョンワン(Vo, Gt)、イ・ジェギョン(Gt)、イ・ジョンフン(Ba)、チョン・ジェウォン(Dr)の4人によるセレクトをコメント付きで紹介。

※「BEST OF 2018」記事一覧はこちら

◎ベスト・アルバム(キム・ジョンワン)

●ルーカス・グラハム『3 (ザ・パープル・アルバム)』

アルバムとして聴いた時にそれぞれの楽曲がより素晴らしい曲に感じられる。アルバムの流れに無駄がなく、すっきり聴けるのが良いです。



◎ベスト・アルバム(イ・ジェギョン)

●ケイシー・マスグレイヴス『ゴールデン・アワー』

今年、ドライブの時に一番よく聴いていたアルバム。歌声と感性と演奏、全てが完璧。聴いていると心が癒される気がする。



◎ベスト・アルバム(チョン・ジェウォン)

●ポール・マッカートニー『エジプト・ステーション』

いつもリスペクトしているアーティスト。今年発売の新しいアルバムはクラシックさと洗練さを同時に感じさせてくれる。時代を乗り越えた名作だと思う。



◎ベスト・アルバム(イ・ジョンフン)

●LANY『マリブ・ナイツ』

今年聴いたアルバムの中で、最初から最後まで全く飽きることなく聴けるアルバム。




◎ベスト・ソング(キム・ジョンワン)

●LANY「Malibu Nights」

スマートな構成と秀でるメロディ、楽曲の雰囲気を存分に見せてくれるMVまで。サウンドそのものが爆発的ではないが、その感情の大きさが伝わる力が爆発的。



◎ベスト・ソング(イ・ジェギョン)

●ケイシー・マスグレイヴス「Space Cowboy」

歌詞とメロディと両方とも物悲しい。後半からのハワイアンギターを聴いていると戦慄が襲ってくる。



◎ベスト・ソング(チョン・ジェウォン)

●ポール・マッカートニー「I Don’t Know」

今年のベスト・アルバムの中でのベスト・ソング。人生の喜怒哀楽を感じることができた。



◎ベスト・ソング(イ・ジョンフン)

●LANY「Malibu nights」

楽曲もMVも今年一番好きな曲。たくさんのすばらしい曲を全て忘れてしまうほど良かった。




◎ベスト・アーティスト(キム・ジョンワン)

●ポール・マッカートニー

今でも現在進行形。現代的な洗練された美しさとクラシックとの調和をここまで自然と作り出せる。唯一無二の独歩のアーティスト。



◎ベスト・アーティスト(イ・ジェギョン)

●ポール・マッカートニー

完璧そのもの。レジェンドが今回のアルバムでさらにレジェンドになった。

◎ベスト・アーティスト(チョン・ジェウォン)

●ポール・マッカートニー

今年のアルバムは音楽ファンはもちろん、たくさんのミュージシャンとアーティストたちに多くの刺激とインスピレーションを与えてくれたと思う。真の生きるレジェンド。

◎ベスト・アーティスト(イ・ジョンフン)

●LANY

そういうことで、私にとって今年のベストはLANY。







タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE