レディー・ガガとケンドリック・ラマー、2019年アカデミー賞オリジナル・ソング部門の戦い

2019年のアカデミー賞オリジナル・ソング部門にノミネートされた、アリー/スター誕生』のレディー・ガガと『ブラックパンサー』のケンドリック・ラマー(Photo by Jeff Kravitz/FilmMagic / Warner Bros. Pictures )

2019年のアカデミー賞では、レディー・ガガとケンドリック・ラマーが最優秀オリジナル・ソング部門のトロフィーをかけて競うことになる。その他にも『メリー・ポピンズ リターンズ』や『バスターのバラード』などの楽曲が同部門に ノミネートされた。

昨年の秋に公開されて以来、『アリー/スター誕生』でレディー・ガガとブラッドリー・クーパーが歌う大ヒットデュエット曲「シャロウ」がアカデミー賞の最優秀オリジナル・ソング部門(主題歌賞)の最有力オスカー候補とされてきた。2019年1月初頭にゴールデングローブ賞を受賞した「シャロウ」は、米現地時間1月22日の朝にアカデミー賞にもノミネートされたことが発表されたものの、初ノミネートとなったケンドリック・ラマーとSZA(『ブラックパンサー』)や今回で10回目となるノミネーション歴の保持者ダイアン・ウォーレン(『RBG(原題)』)といった錚々たる対抗馬との戦いが予想される。

ガガにとって「シャロウ」は2016年に「Til It Happens to You」(偶然にもこの作品はガガとウォーレンの共作である)で最優秀オリジナル・ソング部門にノミネートされて以来、2度目のノミネートとなる。それに対し、ウォーレンは米最高裁判事ルース・ベイダー・ギンズバーグを描いたドキュメンタリー映画『RBG(原題)』の主題歌「I’ll Fight」、ケンドリック・ラマーとSZAは『ブラックパンサー』のサウンドトラックの収録曲「All the Stars」で勝負に挑む。

他にも、最優秀オリジナル・ソング部門には『メリー・ポピンズ リターンズ』で主役を演じたエミリー・ブラントが歌う「幸せのありか(The Place Where Lost Things Go)」、コーエン兄弟の『バスターのバラード』でティム・ブレイク・ネルソンとウィリー・ワトソンがデュエットをする「When A Cowboy Trades His Spurs for Wings」がノミネートされている。

アカデミー賞授賞式は米東部標準時間2月24日午後8時から米ABCにて放送される。その前に、最優秀オリジナル・ソング部門のノミネート作品をチェックしておこう。

『アリー/スター誕生』より「シャロウ」

レディー・ガガは『アリー/スター誕生』の目玉を飾るこの楽曲を「Joanne」の共作者マーク・ロンソン、ダーティ・プリティ・シングスのアンソニー・ロッソマンド、マイク・スノウのアンドリュー・ワイアットとともに作曲した。劇中で「シャロウ」は、ガガ演じるアリーとブラッドリー・クーパー演じるジャックの関係を盛り上げ、一方ではスターへの道を歩みはじめるアリーを、他方ではキャリアの下り坂を迎えるジャックを描いている。楽曲が公開されると、ガガはゼイン・ロウに「これはアリーとジャックのために作曲した、とても特別な歌」と語った。「浅瀬じゃなくて、もっとずっと深い場所まで潜らないといけない、って2人の人間が互いに語り合っている様子を描いているの」ゴールデングローブ賞の受賞とアカデミー賞へのノミネートに加え、「シャロウ」は年間優秀レコード、年間優秀楽曲を含むグラミー賞4部門にもノミネートされている。さらに『アリー/スター誕生』での演技が評価され、レディー・ガガは主演女優賞へのノミネーションも手に入れた。

Translated by Shoko Natori

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事