映画『アナと雪の女王2』、11月22日に日米同時公開が決定

映画『アナと雪の女王2』より(©2019 Disney. All Rights Reserved.)

興行収入約255億円、観客動員約2000万人という驚異的な数字で日本の歴代興行収入第3位を記録し、世代を超えて社会現象を巻き起こしたディズニー・アニメーション映画『アナと雪の女王』。その続編となる『アナと雪の女王2』が、11月22日に日米同時公開されることが明らかになった。

『アナと雪の女王』は、あらゆるものを凍らせてしまう能力を持ったエルサと、彼女を救おうと奮闘する妹アナの運命を描いたディズニー初のWヒロイン映画。第86回アカデミー賞では長編アニメ映画賞と歌曲賞に輝き、日本では2014年に全国公開されると、空前の『アナ雪』ブームを巻き起こしたことは記憶に新しい。2018年には、『リメンバー・ミー』の同時上映作品として短編『アナと雪の女王/家族の思い出』も劇場公開されている。



およそ6年ぶりの長編続編となる『アナと雪の女王2』は、前作に引き続きエルサ役をイディナ・メンゼル、アナ役をクリステン・ベル、そしてオラフ役をジョシュ・ギャッドが担当。さらに、監督もクリス・バック&ジェニファー・リーのコンビが続投することも決定している。ストーリーなどの全貌はベールに包まれたままだが、今後の最新情報にも期待したい。



<映画情報>



『アナと雪の女王2』
2019年11月22日(金)全国公開
監督:クリス・バック、ジェニファー・リー
声の出演:クリステン・ベル、イディナ・メンゼル
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
©2019 Disney. All Rights Reserved.

Rolling Stone Japan 編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


Current ISSUE

RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事