ザ・プロディジーのキース・フリントが49歳で逝去:「真のパイオニアでイノベーター、レジェンドだった」

エレクトロニック・バンド、ザ・プロディジーのシンガーだったキース・フリントが逝去した。享年49歳(Martyn Goodacre/Getty Images)


1997年、フリントはローリングストーン誌の表紙を飾り、彼のカーニバル風パンクルックにインスパイアされた“ウィアード・アル”・ヤンコヴィックは、パロディ動画「Lousy Haircut」を制作した。

人気の絶頂にあった時期に5年間レコーディングしなかったプロディジーとフリントは、2002年にシングル「Baby’s Got a Temper」をリリース。フリントによる歌詞は、デートレイプ・ドラッグのロヒプールを称えるような内容だったため、ハウレットは後に同曲との関係を否定。『The Fat of the Land』に続くアルバム『Always Outnumbered, Never Outgunned』(2004年)に収録予定だったが、除外された。同アルバムのヴォーカルは、フリントに代わって複数のゲストが務めた。



ザ・ケミカル・ブラザーズは、「キース・フリントの死に際し、とても悲しみに沈んでいる。プロディジーとは何年にも渡り多くのライヴで共演した。メンバーは皆フレンドリーで協力的だった。彼は驚くべきフロントマンで、実に独創的な人間だった。彼の冥福を祈る」とツイートしている。

Translated by Smokva Tokyo

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE