三代目 J SOUL BROTHERSが2019年に示した「ど真ん中のポップス」

三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE、『Yes we are』WORLDWIDE STREAMINGの様子(Photo by Motomi Mizoguchi)



―作品のリード曲にもなっている「Yes we are」について、登坂さんお聞かせいただけますか?

登坂広臣:ファンの皆さんはご存知だと思うんですけど、18年はそれぞれのソロ活動に力を入れてきたわけですけど、もっと前の16〜17年から18年はひとりひとりが大きくなっていく年にしようというのは決まっていたので、三代目が帰ってきた時にどういったものを世の中に発信していこうという打ち合わせも18年からもずっと続けていて。その中で「Yes we are」も、久しぶりに三代目が発表する曲はどういう曲がいいか何度も何度もメンバーみんなで話し合って、いろんな楽曲を聴いて、探し続けてようやく辿り着いたのがこういう楽曲だったので、曲を作る上でみんなも僕自身も改めて三代目について考える時間になったのかなと。ソロ活動をやっている時は特にね、三代目とは違う雰囲気でやっていますし。隆二がやっている音楽も違うし、ELLYはCRAZYBOYもやったり、みんなそれぞれ音楽というものに触れ合っていますけど、ソロとグループでは全然違う楽曲をお届けしているので、ソロ活動を経て帰った時に、じゃあ三代目でどういう曲をやろうかって改めて考えると、キャッチーで壮大感もあり、皆さんに再出発というかここに帰ってきた意思表示になればいいなと。歌詞も書かせていただいているので、そういう思いがたくさん乗った曲になっています。

―これから映像を観てもらう前に、山下さん見所を教えてください。

山下健二郎:「Yes we are」のMVは全7シチュエーションで7ポーズ衣装が違いまして、トータル49体の衣装を見ることができるのがひとつの見所です。あとはメンバーそれぞれをフィーチュアしたダンスや、それぞれがアップでしっかり写っている部分があるので、そういうところもぜひ注目していただきたいです。あと、今回は最初から最後までダンスが構成されているので、すごく見応えのあるMVになっていると思います。

―MVの中でもダンスが印象的ですが、見所をELLYさん教えていただけますでしょうか。

ELLY:ダンスは今回それぞれ7人の見せ場があって、 “Yes we are”の“are”ところで手を上げるんですけど、そのパワーを感じてもらえたらうれしいです。あと今回、RIEHATAというダンサーが振り付けをしてくれて、すごくいい感じになっています。そのRIEHATAとは今度動画を作ろうと思っていて、最近YouTubeのアカウントを作って村長という名前でやっているので、ぜひ調べてチャンネル登録してもらえるとうれしいです。

―岩田さん、4月からドームツアーが始まりますが、どんなツアーになりそうですか?

岩田:約1年ぶりのツアーということで、自分のことを応援してくださっている皆さんにとっては待望のライヴだと思いますし、期待を絶対に裏切らない最高のツアーにしたいなと思っています。最近は毎日メンバー7人で集まって、実は今日もスピナーバイクというトレーニング用のバイクにメンバー1列に並んで、心拍計をつけながら部活のようにトレーニングをしてきました。それも今日だけではなくて、昨日も一昨日も毎日ツアーリハに励んでいます。今回のツアーはイチから手作りというか、演出だったり構成もメンバーのアイディアから作り上げているので自分たちも楽しみです。昨年は自分の個人活動で映画だったりドラマをやらせていただいて、各々個人活動の優先順位が高かった年なんですけど、リハが始まって各々がやるべき場所でやるべきことをやった時のパワーってすごいなと改めて感じています。7人だからこそできるエンターテイメントを皆さんにお届けできるように、最高のツアーにすべくトレーニング、そしてリハーサルと臨んでいきたいと思います。全国の皆さん、楽しみに待っていてください。

ー最後に、会場にお越しの皆様にひと言ご挨拶を。

小林直己:本日お越し下さった皆さん、またこれを見てくださっている皆さん、本当にありがとうございます。三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEとしては初めて、新曲とMVを公開する上でこういった記者会見のような形で開かせていただきました。というのも、いつも新曲をリリースする時に、制作したメンバーの思いであったり、この楽曲を使ってどんなエンターテイメントを作りたいのかをメンバーそれぞれが持っているんですけど、直接お伝えする場がなかなかなかったことに対して、自分たちの言葉で伝えられるようにこういったイベントを設けさせていただきました。応援してくださっているファンの方に、僕らの言葉を届けてくださる媒体の皆さんも本当にいつもありがとうございます。こういう機会を作ることによって、媒体の皆さんにもより仕事をしやすい環境を作れたらという思いも込めています。今年はこの「Yes we are」を皮切りに、4月から全国ドームツアーが始まります。リハーサルも進んでいて、今回はかなり7人で挑戦をしています。去年蓄えた経験値と、グループへの思いを全部爆発させるようなツアーになると思いますので、ぜひ皆さんに会場でその思いを確認していただけたら。そして、一緒にツアーを作っていただけたらと思います。「Yes we are」とツアーをどうぞよろしくお願いします。




「Yes we are」
三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE
rhythm zone
発売中

<CD+DVD>
<CD>
CD
1.RIASE THE FLAG
2.Yes we are

DVD
Yes we are(MV)
https://m.tribe-m.jp/artist/index/21


RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE