THE NOVEMBERSが語る進化の背景「影響源はミック・カーン、KOHH、NIN、エンヤ」

THE NOVEMBERSの小林祐介、2019年3月20日に名古屋CLUB QUATTROで撮影(Photo by 郡元菜摘)


―吉木さんはどうでしょうか?

吉木:さっき「地続き」って言っちゃったんですけど、去年わりとターニングポイントがあったのを思い出しました。僕メッツが大好きで、去年のツアー全部ついていったんですよ。ライブを観て撃ち抜かれたというか、俺はこういうことに興奮して、こういうことがやりたいんだよなって、クリアになったというか、再認識したんです。

で、その後にソニックマニアでナイン・インチ・ネイルズを観て、ドラマーとして、「こういうあり方もあるんだ」って思って。イラン・ルービンがトレント(・レズナー)が作ったものをあれだけシンプルにぶっ叩いて、それが人を高揚させることに感銘を受けたんですよね。その後にアルバムの制作が始まったので、俺もこういう関わり方でいいんだって思えたというか。

小林:ナイン・インチ・ネイルズのライブで、小手先のドラマーがチチチってやってたら興ざめだもんね。

吉木:そうそう、俺に求められてるのもそういう小手先の部分じゃないっていうのは頭では分かってたんだけど、去年改めて「そういうことじゃねえな」ってはっきりしました。




―「TOKYO」で途中から入ってくるリズムには一発でやられましたね。その一方では、打ち込みの細かなビートも鳴っていて、その対比も面白い。

小林:コントラストは大事だなって思いましたね。

吉木:細かいことを入れないからこそ、リズムが見えやすくなるっていうのは、メッツを観てても思いました。



―では、小林くんはいかがでしょうか?

小林:誤解されがちなんですけど、マジに答えると、エンヤなんです。ここ2~3年くらいずっと聴いてるんですよ。「エンヤのビート想像してみて?」って言われても、「え?」ってなるじゃないですか?

―パッと思いつくのは、歌メロの印象だけですね。

小林:実際は歌にピチカートがちょっと入ってるくらいなんです。ついついよくある雛形に沿って曲を作っちゃうけど、エンヤを聴いて、「ピチカートと声だけでこんな表現できちゃうんだ」っていうのは発見で。あれって何十本も声を重ねてるんですけど、それぞれの再生レベルはものすごく小さいんです。それがフィル・スペクターじゃないけど、ウォール・オブ・サウンドになる。そういう発想で「TOKYO」や「BAD DREAM」を作ったし、大体の曲がエンヤから何かしらヒントを得てると言えると思います。

―レイヤー的な曲の作り方というか。

小林:そうですね。筆って何千本もの毛によってできてるわけじゃないですか?それでひとつの像を描くと、自由な発想が生まれやすいんです。タンジェリン・ドリームとかも聴いてましたね。

―エンヤとかタンジェリン・ドリームっていうと、「ニューエイジ」ですよね。

小林:その言葉ひさしぶりに聴きましたけど、確かにそうですね。



―今回のアルバムを聴くと、ライブがどうなるのかが気になります。再現する方向なのか、ライブはライブと考えるのか、それによってもかなり違ってきそうですが。

小林:どっちの要素もあると思います。今はまだ悪戦苦闘してるんですけど、「これライブでやったらいいぞ」っていう手応えはあるので、これまでのレコ発ツアーとは次元の違う、バンドとしてすごくいいものを見せられる感じはしてますね。

―楽しみにしています。最後に、『ANGELS』というタイトルの由来を教えてください。

小林:天使って、映画とか漫画の中でいろんな描かれ方をするじゃないですか?自分たちを癒してくれる、穏やかで、都合のいい天使もいれば、救済者だったり、子供だったりもする。比喩として、全曲が天使をモチーフにしているので、タイトルになっています。全体としては、いかに自分たちが愚かで、その愚かさすら捨て去ることができない、どうしようもない世の中ではあるんだけど、その中でも理想や夢を語らすにはいられない悲しさ、みたいなことがテーマになってます。ただ、それを悲観的に描くんじゃなくて、現実を見ながらも、理想は失わない。それがこの作品に通底する考え方なんです。




Photo by 郡元菜摘



〈リリース情報〉


『ANGELS』

THE NOVEMBERS
発売中

〈ライブ情報〉

ANGELS ONE MAN TOUR 2019
2019年3月20日(水)名古屋CLUB QUATTRO
2019年3月22日(金)梅田CLUB QUATTRO
2019年3月24日(日)岡山IMAGE
2019年3月26日(火)福岡The Voodoo Lounge
2019年3月31日(日)札幌SPiCE
2019年4月6日(土)マイナビBLITZ赤坂

La.mama 37th anniversary『PLAY VOL.74』
2019年5月8日(水)渋谷La.mama

TOMOE 2019(w/ tacica、People In The Box)
2019年5月25日(土)仙台CLUB JUNK BOX
2019年5月31日(金)福岡BEAT STATION
2019年6月2日(日)梅田CLUB QUATTRO
2019年6月9日(日)名古屋BOTTOM LINE
2019年6月14日(金)東京マイナビBLITZ赤坂

詳細:https://the-novembers.com/

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE