ブライアン・メイ、ロックの殿堂任命式でデフ・レパードへ感動的なスピーチを披露

ロックの殿堂の任命スピーチをするクイーンのブライアン・メイ(Photo by Dimitrios Kambouris/Getty Images For The Rock and Roll Hall of Fame)


彼らが長続きしている点にも言及しないといけない。デフ・レパードというバンドは家族であり、常に進化し続ける家族だ。素晴らしいベーシストのリック・サヴェージは最初から最後までこのバンドにいる男だ。今、最後とは言ったが、彼らの物語は現在進行中で、まだ終わらない。まずリックがいたバンドにジョー・エリオットが加入し、その直後に聴覚障害を持ったネコ科の動物を指し示すバンド名になった。この頑固者ふたりがバンド誕生の瞬間に居合わせたわけだが、その後、家族が大きくなり、進化し、ありとあらゆる困難に直面した。1984年にドラマーのリック・アレンが片腕を失ったことは大きな衝撃であり、彼らにとっての挫折となり、バンドとしての将来が絶たれる可能性も秘めていた。でも、リックは驚異的な忍耐力で回復し、デフ・レパードという家族は最高の忠誠心と結束力で、リックがバンドに復帰するのをサポートした。そのおかげで、彼らはあらゆる面で大きく成長し、リックだけでなく、バンド全体にこの一件がプラスに働いたのだ。リックが事故に勝利をおさめて凱旋したドニントンでの復帰ライブには私もいた。さらに1991年にはスティーヴ・クラークが他界した。驚異的なリフ職人で、本当に最高のプレイヤーで、魅力に溢れたギタリストだった。こうなってしまうとバンドは解散するだろうと考えた人が多かったと思う。弱い人間だったらそうなっていたかもしれない。しかし、現在のフィル・コリンとヴィヴ・キャンベルのギターデュオは最高だ。実際、コリンとキャンベルはギターデュオとして背筋がゾクゾクするほど素晴らしいと私は思っている。

多くの人たちが見落としていることは、彼らは観客を楽しませるだけでなく、演奏技術という点でも非常に優れている点だ。彼らはすべてを備えているのだ。私にとって彼らは全員、素晴らしい友人であり、家族だ。だからこそ、私がここに立っていることがとても重要で、自分以外の誰にもこのスピーチはさせたくない。彼らは1992年のフレディ・マーキュリーのトリビュート・コンサートにも参加してくれたし、これまで数え切れないほどの共演を果たしている。特にジョーと私は貴重で楽しい時間を何度も一緒に過ごしているし、互いにクレージーなツアー生活に誘い合ったりもした。私たちふたりの絆は強力で、ジョーは親友のひとりだ。スティーヴが死んだとき、ジョーが最初に受けた電話が私からだったと教えてくれた。フレディが他界したと報道されたとき、私が最初に受けた電話がジョー・エリオットからだった。

デフ・レパードは、伝統的なロックグループの姿という点で、見事なロックグループと言える。あと2つほど、彼らについて話させてほしい。まだ若い頃、ジョーが「ロックグループとして成功する秘訣って何?」と言ったことがあった。私は「分裂しないこと」と答えた。それから数年経って、ジョーが「成功する秘訣をあと2つ見つけたよ。太っちゃダメってことと、髪の毛を維持すること」と教えてくれた。確かに、彼らは太らないし、髪の毛も維持しているし、分裂しなかったし、みなさん、彼らは全員揃って今夜ここにいる。デフ・レパードはヨークシャー出身の、いやイギリス出身の、いや地球出身の人間として、正直で、常識的で、最高の集団だ。彼らをロックの殿堂に迎える役を仰せつかって光栄です。紳士淑女のみなさま、デフ・レパードです!

Translated by Miki Nakayama

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE