原作著者ジョージ・R・R・マーティンが語る『ゲーム・オブ・スローンズ』の終焉

『氷と炎の歌』シリーズの著者、ジョージ・R・R・マーティン(Rich Polk/Getty Images)


ードラマのエンディングは、あなたの書く最終章に影響もしてくるのでしょうか?

それについて僕が今言えることは、僕が書いた2冊の本が出たら、まず読んでもらって、そのあとで、読者が判断してくれれば良いと思うよ。

ーなるほど。ドラマはあなたが書いたものとは別の方向に歩んだ部分もありますが、それが理由で、観るのをやめたことはありますか?

もちろん、そんなことは一度もない。

ーファイナルシーズンは、もうご覧になったのでしょうか。

いや、まだなんだ。どういう内容になるか、知っている部分もあるけれど、映像そのものは観ていない。だから、みんなと一緒に初めて観ることになるよ。

ーそうなんですね。最終章の脚本は読んだのでしょうか?もしくは、敢えて触れないようにしていたのでしょうか。

デイヴィッドとダンと一緒に、どう言う内容にするかミーティングは行ったけれど、脚本は読んでいないよ。

ーそうなんですね。あなたもエンディングで、驚かされる側に回るかもしれませんね……

ある程度は、そうかもしれないね。5,6年前に、僕の考えるエンディングの大まかな部分は彼らに伝えたんだ。でも、変更もあるだろうし、加える要素も多いだろうからね。

Translated by Leyna Shibuya

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE