『名探偵ピカチュウ』ジャスティス・スミスのポケモン愛と音楽愛「パンクならバッド・ブレインズが好き」

映画『名探偵ピカチュウ』の主人公・ティム役のジャスティス・スミス(Photo by Takanori Kuroda)



─ところでジャスティスは、なぜ俳優になろうと思ったのですか?

ジャスティス:難しい質問だ(笑)。僕は、自分で言うのはちょっと恥ずかしいのだけど、人とはちょっと違うなと小さい頃から思ってた。例えば、人を観察する視点などが、他の同級生よりも優れていると自覚していたんだよね。先生や友人の振る舞いをそのまま再現して笑わすことが得意だったし、それが自分でも楽しくて仕方なかったんだ。だから映画やTVドラマなどで、俳優たちが役になりきって演技をしているのを観た時にも、「自分もやってみたい」と強く思った。それがそもそものキッカケかな。両親がミュージシャンだったので、小さい頃から音楽にも触れていたのだけど、役者たちが演技をしている様子は、ちょっとセッションに似たところがあるなとも感じていたよ。

─それは面白いですね。じゃあ、両親も役者になることには賛成してくれた?

ジャスティス:もちろん。とてもクリエイティヴな環境にいたから、他の子たちと比べると芝居を「趣味」ではなく「仕事」としてやっていくことに対しても寛容だったと思う。

──ジャスティス自身も音楽に興味あります?

ジャスティス:大好きだよ。ただ、何かを専門的に習っていたわけではなくて、好きな楽器を楽しむように、真剣にと言うよりは楽しみながら演奏していたんだ。なのでギターは少し弾けるよ。一人でいる時は歌も歌ってる。

─どんな音楽が好きなんですか?

ジャスティス:様々なジャンルの音楽を片っ端から聴いているので、特に「これ!」っていうのがあるわけじゃないんだ。インディ・フォーク系、シンガー・ソングライター系も好きだし、ヴォーカルもののジャズも好きだし……パンク・ロックも大好き。アーティストでいうと、確か日本人とアメリカ人のハーフだったと思うけどミツキ。彼女のことは大好きだよ。本当に美しい曲を書くよね。あとはモーゼス・サムニー、昔だとサイモン&ガーファンクル……もちろんボブ・ディランやビートルズは欠かせない。パンクだったらバッド・ブレインズとかね。

もうとにかくいろんな曲を、Spotifyのおすすめ機能で掘りまくっているし、いいと思ったらダウンロードしているよ。最近は「エクスペリメンタル・フォーク」というジャンルを聴くことが多いかな。たまに衝動的に、強いビートのものも聴きたくなるけどね。

─いま、挙げてくれたアーティストは僕も大好きなので、いつかそこから影響を受けたあなたの音楽が聴けるのも楽しみにしています。

ジャスティス:おっと(笑)。そうだね、いつかそんな時が来るといいな。ただ、さっきも言ったようにうちは両親がミュージシャンだから、音楽に対しては厳しいんだ。例えば家族と車に乗っていて、僕がラジオに合わせてちょっと歌ったりしただけで、「もっと横隔膜を使え」だの「ピッチは一体どうなってるんだ?」だの、いろいろ言ってくるから面倒くさいんだよ(笑)。音楽じゃなく芝居の世界へ行きたいという意識が芽生えたのも、そんな両親への反抗心だったところもあったんじゃないかな。ただ、もちろん今でも音楽は大好きだから……そうだな、音楽の道も考えてみるよ(笑)。

─では最後に、今後どんな役者になっていきたいかを聞かせてもらえますか?

ジャスティス:今までそんな質問されたことがないので、すごく難しいな……。僕は一人の人間としていろんな側面を持っているし、出来るだけ多くの役を通じて、それらを掘り出してみたい、探し出したいという気持ちがあるんだ。なので、似たような役を何度も繰り返すよりは、常に新しい役に挑戦出来るような、様々な演技ができるような、そんな人間になりたいと思っているよ。



©2019 Legendary and Warner Bros. Entertainment, Inc. All Rights Reserved. ©2019 Pokémon.

『名探偵ピカチュウ』
全国東宝系にて公開中

監督:ロブ・レターマン 
出演:ライアン・レイノルズ
ジャスティス・スミス、キャスリン・ニュートン
渡辺謙、ビル・ナイ、リタ・オラ、スキ・ウォーターハウス
吹替:竹内涼真(ティム役)、飯豊まりえ(ルーシー役)
https://meitantei-pikachu.jp/



RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE