ソロ20周年、LOW IQ 01にまつわる秘話20選

ソロ20周年を迎えたLOW IQ 01(Courtesy of LOW IQ 01)

ソロ20周年を迎え、8枚目のソロオリジナルアルバム『TWENTY ONE』をリリースした「いっちゃん」ことLOW IQ 01。今回、本人にキャリアを振り返ってもらいつつ秘話とトリビア20選を紹介する。

―ソロ20周年&ニューアルバム『TWENTY ONE』発売おめでとうございます!

ありがとうございます!

―20年というタイミングなので、今回は「20年間の秘話&トリビア20」というベタな企画をやりたいと思っています。その前に、短いインタビューを! まずはあらためてソロを始めるきっかけを教えてください。SUPER STUPID ってもはや伝説のバンドなんですがアルバムは2枚しか出していないんですよね。94年に結成してもう98年のアルバム『DON’T FORGET OUR YOUTH』で止まってしまっているので。

そうなんだよね。全然ソロのほうが長い。思い入れもソロのほうがあるよね。SUPER STUPID(以下、SS)って一瞬だけだったから良かったと思うし。あとあの時代だから出来たバンドだと思うんだ。当時は皆活動のペースが遅かったんですよ。98年ぐらいから皆メジャーに行くようになったんだけど、それまでって、皆1stアルバムぐらいまではインディーで1万、2万枚はCDを売っていて、それで名前が出てきてライブハウスが埋まるようになってる感じだったから。アルバムを出すペースも皆遅かったし、変な話1stアルバムでスゲエ走れた(笑)。軽トラと一緒。ガソリンちょっとしか積んでないのにスゲエ走んなって。燃費がいい時代。だからSSもそんなにアルバムを出してない。今やってたらどうなんだろうねってやっぱ思うけど。

―そもそもなぜSUPER STUPIDは止まることになったんですか?

まぁ元々個性が強すぎる3人で。見ている方向が各々に違うというか。良い意味でバラバラというか。「よし! 一丸になって俺らが!」っていうタイプのバンドじゃなかったから。各々が俺が俺がみたいなところがあったので。それはそれでいいのかなっていう感じでやってたバンドなんで。でも、止まる最初の理由はあって、ドラムの浩(佐藤 浩)が活動を停止して太鼓の修行に行きたいって、訳の分かんないこと言い出したから。とりあえず半年ぐらい活動停止しようかっていう感じになって。ただ、SUPER STUPIDをやりながらジャッキー(大高知晃)も会場で自分のソロ音源を売ってて。で、SSが活動停止して、出来た曲をどこへ持っていけばいいかなって思った時に、「そうだ、俺もソロやればいいんだ」って思って。浩が活動停止しようって言うから、活動停止の6カ月間ムダにするのもなぁと思って始めたのがソロなんです。

―じゃあ活動停止期間の有効活用がソロであって、そのままSUPER STUPIDが完全に止まるとはその時は思ってなかった?

まぁやる時が来たらやればいいのかなぐらいで。でも、曲がどんどん増えていって、曲が出来たらデモテープに録って周りに聴かせてたんですよ。よく行く飲み屋に仲間が集まってて、『俺、今度こういうのを作ろうかと思ってるんだけど、どう?』って聴かせたら『これイイッスね。SSと全然違うじゃないですか』って結構仲間の皆が面白がってくれて。それでその時点でもう楽しくなっちゃって、これはイケるぞって。さっきも言ったようにバンドの足並みがあんまり良くなかったんで、一人でやっちゃった方が早いかなっていうところもちょっとあって。ちょうどいいやって。

―そういう感じのソロのスタートだったんですね。

うん。どうしてもバンドよりもソロでやりたいっていうのではなかった。なるようにしましょうって。本当に軽い気持ちでした。

―浩さんがドラムの修行に行くって言ってなかったらSSは止まってなかったんですかね?

どうだろうな。もしかしたらソロとSSを並行して両方をやっていたかもしれないけど。

―それはタラレバですもんね。浩さんの修業の話がなかったらSUPER STUPIDはもう少し続いていたのかなぁ……。

まぁSSの場合、活動停止すればするほど仲悪くなっていくという(笑)。いろんな攻撃をくらうという(笑)。それは今では笑い話だし、全然いいんですよ。振り返ると、20年いろんなことがありましたねって、今はもう笑って話せるし。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE