ロックの歴史を彩った名器が集結、メトロポリタン美術館企画展の一部を紹介

Courtesy of The Victoria and Albert Museum


6. エディ・ヴァン・ヘイレンのフランケンシュタイン・ミニ

サンプル
Courtesy of the Metropolitan Museum of Art

特に「暗闇の爆撃」で目立っていたエディ・ヴァン・ヘイレンのハンドメイド・ギターのオリジナル版にはフェンダー型のボディにギブソン・ギターのネックとピックアップが使われていた。当初の1975年には白くスプレーでペイントされていたが4年後、赤のシュウィンのバイクの色にペイントし直された。1983年まで使われていた。

7. ジミ・ヘンドリックスの「ラブ・ドロップス」フライングV
サンプル
Courtesy of Rock & Roll Hall of Fame

1967年から1969年にかけてのジミ・ヘンドリックスのメイン・ギターの1本であるこのギブソンのギターは『エレクトリック・レディランド』で、特に「見張塔からずっと」のソロ・パートで使われているものとして知られているものである。ヘンドリックスはマニキュア液を使って自分でこのギターをペイントした。

Translated by Takayuki Matsumoto

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE