フジロック現地レポ ミツキのパフォーマンスと歌唱は美しい、だが「終わり」は悲しい

ミツキは26日(金)、フジロック1日目のRED MARQUEEに出演した。 (Photo by Kazushi Toyota)



激しく心を揺さぶる、狂おしいほど切ないメロディ

クロマティックなコード進行と奇妙なスケールのメロディラインが、どこかモリッシーを彷彿とさせる「Washing Machine Heart」、硬質なベースラインがピクシーズの「Debaser」を思わせる「I Will」と続き、「胸がはちきれそう」と日本語を交えた歌詞が印象的な「First Love / Late Spring」では、初めて恋に落ちて気が動転した人を演じてみせる。さらに、荘厳なオルガンのドローンとともに始まる「Geyser」を、テーブルに突っ伏したまま歌い出したミツキは、曲が盛り上がっていくのに合わせて躍動的に踊り出し、最後はテーブルと格闘。大歓声に包まれながら力任せにひっくり返した。ロックンロール・ナンバー「Townie」では、舌を出してセクシーな顔をしながらゴーゴーダンスを踊り、その“ダサさ”をカリカチュアライズしたようなパフォーマンスに、フロアは大いに沸き立った。

「今日は何曜でしたっけ。金曜? みんなよく仕事の休み、取れましたね。お疲れ様です」と、飄々と挨拶した後、おもむろに「Nobody」のヴァースを歌い出すと大歓声が巻き起こり、あちこちでシンガロングする声が上がった。狂おしいほど切ないメロディが、繰り返される転調とともに激しく心を揺さぶる。続く「Liquid Smooth」は、彼女の1stアルバム『Lash』(2012年)に収録された曲だが、洗練されたピアノのコードはローラ・ニーロやバート・バカラックを連想させる美しさ。ほぼギター1本で歌い上げた「A Pearl」も、ソングライターとしてのミツキの類稀なる才能を遺憾なく発揮していた。

ギターのカッティング音とともにどよめきが上がった「Your Best American Girl」、モリッシー直系のメロディを朗々と歌い上げた「I Bet On Losing Dogs」と続き、「Drunk Walk Home」では矢沢永吉ばりにマイクスタンドを振り回しながら、ハイトーン・ボイスを駆使して熱唱。最後は『Puberty 2』から「Happy」を披露し「ありがとうございました。バイバイ」と言い残してステージを去った。

日本ではこれがラスト・ライブになるかもしれないというのに、あまりにも呆気ないエンディング。ちょっと肩透かしを食らったような気持ちにも一瞬なったが、ラスト・ライブだろうが通常のライブだろうが、どの公演も同じくらい心を込めて演奏している彼女にとっては、こういう終わらせ方こそ「誠実さ」の表れなのかもしれない。

とはいえ、これでもうミツキのライブが観られなくなるなんて寂しすぎる。また気が向いたら、いつでも戻ってきてほしい。



RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE