Perfume、LINE CUBE SHIBUYAこけら落とし公演全8日間完遂

LINE CUBE SHIBUYAのこけら落とし公演を行なったPerfume

Perfumeが、10月16日から10月27日間の8日間にLINE CUBE SHIBUYAのこけら落とし公演「Reframe 2019」を開催した。多くの最先端技術とPerfumeの音楽が融合した本公演のオフィシャルレポートを掲載する。

この9月にメジャーデビュー15周年、結成20周年のアニバーサリー・イヤーに突入したPerfumeが、渋谷の新たな文化発信基地として生まれたLINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)のこけら落とし公演として、10月16日から正味8日間に渡る「Reframe 2019」を開催した。通常のPerfumeのライブと異なり、「Reframe」はMCなしでクールに進行する1時間強のノンストップ・ショー。しかも、着席での観覧がマストだ。いつもと勝手が違って戸惑いもあるのか、観客はちょっと緊張した面持ちで開演を待っていた。

「Reframe」誕生のきっかけは2017年に遡る。まずあったのは、エンターテインメントの可能性に照準を当てた「Perfume X TECHNOLOGY」というNHKの番組企画だった。そこに連動する公演「This is NIPPONプレミアムシアター『Perfume X TECHNOLOGY』presents "Reframe"」が行われたのが、2018年の3月のこと。演出・振付はMIKIKO、インタラクションデザインはライゾマティクス。前者はPerfumeのメジャー・デビューからの全振付と演出を、後者は技術面でPerfumeの革新的ライブを支え続けている。両者ともが、リオ・オリンピックのフラッグ・ハンドオーバー・セレモニーを成功に導いたキー・パーソンでもあったため、2018年の"Reframe"は内外に大きな反響を呼んだ。



「Reframe 2019」は、その同じチームによってさらに進化した最新バージョンというわけだ。そもそもの「Reframe」のテーマは「再構築」。楽曲、音声、ダンス・パフォーマンス、写真、映像といったノーマル素材から、MVやライブ制作のためライゾマティクスと記録してきたモーション・キャプチャーや3Dスキャンといった特殊素材まで、Perfumeがこれまで蓄積してきたさまざまなデータを、最先端の演出アイディアと技術で再構築し、Perfumeの今のストーリーとして見せるというのが大命題だ。歴史あるPerfumeだからこそできる「Reframe」と言える。ある意味、技術のショーケースでありながら、Perfumeの世界観自体も深みを増していくという、この両軸の進化が成立するのは、Perfume、MIKIKO、ライゾマティクスに、互いへの尊敬と信頼という蓄積があるからだろう。

Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE