LOW IQ 01の青春時代「1番の思春期、匂いまで覚えている1984年」

LOW IQ 01


ー改めて、市川少年と84年を言葉にするとどんな年ですかね?

黄金期ですよ。曲に書くぐらい84年の夏が大好きなんです。83年は色んなものの入り口だった。84年になると、楽器をやる方に意識がいってきたっていうか。G.B.H.とかエクスプロイテッドを聞いたりして「ハードコアって速っ!」と思ったり。当時、ベースを買う前くらいに、ベースラインだけ耳コピしてたんですよ。それで、1番最初にコピーしたのが「アナーキー・イン・ザ・UK」なんですけど、最初ベースを買ったは良いけどチューニングがわからなくて。地元の楽器をやっている先輩がうちに来てくれてチューニングを教えてもらったんです。でチューニングしてもらってベースを渡されたときに「アナーキー・イン・ザ・UK」はすぐに弾けました。「ここだ、ここだ、ここだ」って音は入ってましたから。同級生にすげぇデュラン・デュランが好きなだった女の子がいたんですよ。で言われた覚えありますもん。「ジョン・テイラーが一番最初にコピーしたのもアナーキー・イン・ザ・UKだって(笑)。まさしく中2が学校生活で一番思い出があるなあ。



ーちなみに、恋話とかどうですか?

初めて彼女ができたのも中2です。それぐらいの時期に周りが付き合いだしていくんですよ。1番の思春期ですよ。何するわけでもなく彼女と初めて祐天寺のお祭りを2周回るっていう。淡い思い出があるかな。ちょっと恥ずかしいような。楽しいことしかなかったなあ。中2病ってそういうことなのかね? 中1じゃまだわからないことが多いし、中3は高校のこと考えないといけないから、中2って一番何も考えなくて良い。中2病ってそういうことなのかな? ちょっと調べといてくれる(笑)?



<ライブ情報>

MASTER OF MUSIC 2019

2019年12月13日(金)渋谷O-EAST
時間:OPEN 18:00 / START 19:00
LOW IQ 01 & MASTER LOW
Hawaiian6
LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERS +

詳細:http://www.lowiq01.jp/live

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE