HYDEワールドツアーを締めくくる『ANTI』最終形 その強靭さを支えた信頼関係

「援護してくれたら真っ暗闇の中でも何かつかむ」

ライブ中盤のMCでは、「(今日のライブは)『ANTI』というアルバムの集大成。君たちがライブに来て、初めて完成する」とこの日のライブの意味をオーディエンスに伝えるHYDE。続けて「カオスを見せてくれ! 俺たちで『ANTI』を完成させようぜ!」と叫ぶと、「MAD QUALIA」にあわせてフロアには巨大なモッシュピットが発生する。また「SICK」では、バンドの演奏もフロアの盛り上がりも激しさを増す一方。その様子を目の当たりにし、HYDEの表情からは自然と笑みがこぼれる。さらに「LION」では、HYDEがまさにライオンのごとくステージ上で叫びまくる一幕も。バンドの一員としてステージに立つVAMPSなどとは異なり、この日のHYDEはマスクを被った匿名性の強いバンドメンバーを背にひとり気を吐いているように見えた。そんな彼の奮闘に応えるように、彼を取り巻くバンドメンバーやオーディエンスがHYDEが存在する環境をより強靭なものへと固めていく……これこそがHYDEが目指した“『ANTI』の最終形”だったのかもしれない、とこの日のステージを観て改めて実感した。


Photo by 岡田貴之、田中和子

HYDEの合図で観客が一斉にジャンプをする「ANOTHER MOMENT」でクライマックスを迎えると、続く「MIDNIGHT CELEBRATION II」では再びフロアまで降りて観客と“ひとつ”になろうと試みるHYDE。そんな彼の期待に応えるように、フロアには巨大なサークルピットが発生する。この美しい光景を前に興奮を隠せないHYDEは、ステージに戻るとバットでパトカーを叩きまくってからステージをあとにした。

アンコールでは、本ツアーではおなじみとなったスリップノット「DUALITY」を披露。序盤はバンドメンバーのみで演奏されるが、途中で客席フロア後方から再登場したHYDEがCO2を撒き散らしながらステージまで練り歩く。曲後半でステージまで到達したHYDEはバットでドラム缶を殴りつけるなどアグレッシブさを見せ、オーディエンスを煽り続けた。続く「AHEAD」ではギターを抱え、メジャー感の強いこの曲で観客のハートをわし掴み。さらに、パンキッシュに進化した「GLAMOROUS SKY」ではフロアの熱気が再び沸点にまで上昇し、この日何度目かのクライマックスを迎えた。


Photo by 岡田貴之、田中和子

昨年から始動した『ANTI』に伴う活動も、次の1曲でいよいよ終焉を迎える。HYDEは「2年前にVAMPSが終わってから、ここまで走ってきました。たぶん、(ライブはこの2年で)150本くらいやったかな?」と2017年末からのソロ活動を振り返りつつ、オーディエンスが照らすスマホの光を前に「本当にいい眺めだよ。これはただの光じゃない、全部に意味のある、大事な人の、よき理解者の光です」と感謝の言葉を口にする。そして「2年経ってここまで戻ってこられたけど、あとは突っ走るだけ。でも、僕はそんなに強くないので、みんなの援護がないと走れない。援護してくれたら真っ暗闇の中でも何かつかむから。期待して待っててください」と続けると、正真正銘のラストナンバー「ORDINARY WORLD」で感動のフィナーレを迎えた。

デュラン・デュランの大ヒット曲のカバーである「ORDINARY WORLD」では、“普通の生活”を続けるために生き延びる術を探す人々の姿が表現されているが、HYDEにとってはこの日、目の前で繰り広げられた“非日常的な光景”こそが“普通の生活”なのかもしれない。そんな彼なりの日常を守り続けるために、HYDEはこの先も全力で走り続けることだろう。もちろん、彼を支持する大事な“より理解者”たちとともに。

SET LIST
01. WHO’S GONNA SAVE US
02. AFTER LIGHT
03. FAKE DIVINE
04. INSIDE OF ME
05. DEVIL SIDE
06. TWO FACE
07. SET IN STONE
08. ZIPANG
09. OUT
10. MAD QUALIA
11. SICK
12. DON’T HOLD BACK
13. LION
14. ANOTHER MOMENT
15. MIDNIGHT CELEBRATION II
16. DUALITY
17. AHEAD
18. GLAMOROUS SKY
19. ORDINARY WORLD

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE