神聖かまってちゃん現体制ラストライブ「思い出ってのはいつもキレイでずりぃな」

ちばぎん脱退に伴い、この4人による神聖かまってちゃんの最後のステージとなった



とはいえ、ふとした場面で急に寂しさを感じさせられたりもする。例えば、途中のMCで、の子、mono、みさこの3人が噛み合っているようで噛み合わないトークを繰り広げるなか、その光景を見たちばぎんが「かまってちゃんだなー」とつぶやいた場面。何気ない一言だが、思わずグッとくるものがあった。


Photo by 真島洸

荘厳なシンセサウンドが響く「おやすみ」から、ライブは雰囲気をガラリと一変。トランシーなインスト曲「夜空の虫とどこまでも」では、レーザービームやミラーボールを使った派手な演出で観客を陶酔させる。monoがMVでも着用したシカの被り物をして踊った「Girl2」や「バグったのーみそ」、「塔を登るネコ」など、デジタルなダンスチューンで客席の高揚感を煽り続けた。そして、ライブ本編ラストに披露されたのは「2年」。の子が弾き語りで1番を歌いきると、2番から力強いバンド演奏へ。〈2年後に2年前の今の僕らを 笑い飛ばせるように〉という歌詞が琴線に触れる。演奏を終えると、ちばぎんが「最後の曲でした」と告げ、メンバーはステージをあとにした。

客席からはアンコールならぬ「ちばぎん」コールが巻き起こる。メンバーが再登場するまでやや時間があったのだが、登場を待ち望む声は一切止むことはなかった。そんなファンの熱い思いをよそに、ステージに現れたの子は「主人公は俺だ!」と譲らない。ちばぎんがファンに向けて、「ライブがすごい好きで……」などと話をしようとすれば、必ず間に割って入り、話を止めてしまう。それを受けて、「めっちゃ入ってくるじゃん!」などとツッコミを入れていたちばぎんだったが、次第に心が折れたようで「なんかもういいや! やっぱ神聖かまってちゃんが一番かっこいいなって、お前らが見せてくれよ!」とファンを煽った。

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE