ボブ・マーリー生誕75周年キャンペーン「MARLEY75」スタート

ボブ・マーリー(Photo by Adrian Boot)


ボブ・マーリーの音楽は、今も新たな世代にインスピレーションを与え続けている。彼が遺した作品は、愛・正義・融和を訴える彼のメッセージを通して生き続けているのだ。そうした願いは2020年現在、かつてないほど必要とされている。タフ・ゴングおよびUMe(ユニヴァーサル・ミュージック・グループの一部門)との協力により、マーリー・ファミリーは最高の品質ときめ細やかな配慮を保ちながら、ボブ・マーリーが遺した作品の素晴らしさを伝え、20世紀を代表する最重要人物のひとりであるボブを讃えていく。

アメリカで聞かれたレゲエの曲の1/4はボブ・マーリーの曲である。ボブ・マーリーのベスト・アルバム『レジェンド』は世界で19番目に売り上げ枚数が多いベストセラー・アルバムであり、アメリカでは史上5番目に多く売れたベスト盤となっている。


Photo by Dennis Morris

歴史上、ボブ・マーリーのように音楽の世界を席巻したアーティストはほかに例がない。彼は音楽的・政治的・精神的な象徴となり、それは伝説の域にまで達している。詩人でもあり預言者でもあったボブ・マーリーは、ジャマイカ人の苦しみとラスタファリアン・カルチャーを言葉で表現した最初のジャマイカ人アーティストであり、また世界的な名声を獲得した最初のジャマイカ人アーティストでもある。

2020年10月には、ボブ・マーリーの「リデンプション・ソング」の発売40周年を迎える。1980年10月に発表されたこの曲は、彼の9枚目のアルバム『アップライジング』(アイランド・レーベル)からシングル・カットされた。汎アフリカ主義者マーカス・ガーベイの演説「The Work That Has Been Done」にヒントを受けたこの「リデンプション・ソング」は、ポピュラー・カルチャーから生まれた偉大なる名曲のひとつとみなされている。かつてないほどに政治的な不安と抑圧感が高まっている今、この曲は依然としてその痛烈な鋭さと力を失っていない。これを聞けば、人々の声を代弁したボブ・マーリーの素晴らしさが実感できる。ボブ・マーリーの音楽作品は数十億回のストリーミング再生を記録し、世界中で数百万枚のアルバムを売り上げてきた。彼のベスト盤『レジェンド』は世界で最も売れたレゲエのアルバムであり、アメリカのビルボード誌のカタログ・アルバム・チャートで史上最も長くランク入りしたアルバムとなっている。

ボブの作品と世界への貢献を讃えるコンテンツは今後も公開されていく。「MARLEY75」の関連イベントに関するその他の情報は、順次公開される予定。



海外オフィシャルサイト
http://www.bobmarley.com
日本レーベルオフィシャルサイト
https://www.universal-music.co.jp/bob-marley/

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE