SCANDALがたどり着いた超自然な境地「時間がすべてを肯定してくれる」

SCANDAL

デビュー10周年の年に立ち上げたプライベートレーベル”her”からの第一弾アルバム『Kiss from the darkness』をリリースしたSCANDAL。アルバムの話や今後のビジョンなど、進化を続けるSCANDALの4人、HARUNA(Vo, Gt)、MAMI(Gt, Vo)、TOMOMI(Ba, Vo)、RINA(Dr, Vo)に迫った。インタビュアーはライター/ラジオDJのジョー横溝。

―本作は自らのプライベートレーベル“her”に移って一発目のアルバムですが、何か期するところはありましたか?

HARUNA:“her”を立ち上げてからの自分たちのマインドが、すごく自由だなと思っていて。それは立ち上げるまでは分からなかったし、立ち上げた時はどうなっていくのかなと思っていたんですけど、結局その自由なマインドが今回のアルバムの制作につながったと思っています。



―具体的にどの辺が今までと比べて自由に?

HARUNA:より人間らしくあって良いんじゃないかなって思えましたね。これまではポジティブであることが正義だったし、それがSCANDALの良いところだと思ってやってきたんです。けど、年齢を重ねていって、ポジティブなだけじゃなくって、ネガティブなところだったり、良いも悪いもあることが人生だって言えるようになりました。で、人生をちゃんと生きてる人間として、制作もライブもやっていけるようになりたいなと思った一年でもあったので、そういう心境の変化というか開放感みたいなものは感じましたね。

―作られた像を演じるのではなくドキュメンタリーに近いような?

HARUNA:これまでも何か演じていたわけではないんです。ただ、私たちの中にあるポジティブで明るい面だけを見せていくことが4人の在り方ではあった。でも、それだけじゃないところもちゃんと見せていくことが、今後4人でSCANDALを続けていく上で大事なことなんじゃないかなということに気づきましたね。

―HARUNAさん的には今回どんなネガティブな面を見せられと思いますか?

HARUNA:別にネガティブなところを見せられたって感じではないです。超自然な喜怒哀楽、人間の普通の感情って感じですね。だからそのマイナスな部分をより強調して見せたかった訳ではないんです。

―何かを殊更に強調したわけではなく、自然体にできたと?

HARUNA:そうですね。そういう曲がこのアルバムにはたくさん入ってるなと思います。

―TOMOMIさんはプライベートレーベルを立ち上げて一発目のアルバムはどうでしたか? しかも20代最後のアルバムですよね?

TOMOMI:すごくナチュラルに作れたなと思ってます。“her”を立ち上げて、自分たちのアトリエみたいなものだから、リラックス出来たんです。で、リラックスしながら生活しているそのライフスタイルを曲にできた感じです。なんか自然とそういう曲が集まった感じがしています。

―TOMOMIさんがヴォーカルをとっている「ランドリーランドリー」は、まさにライフスタイルも感じられる1曲ですが、これはRADWIMPSの武田祐介さんがアレンジを担当しています。どういう経緯で武田さんに?

TOMOMI:武田さんにはプライベートでもお世話になってて。そもそも武田さんが作る音楽も好きだし。それでお願いしたんです。実は私アコースティックがずっとやりたかったんですよ。というのも自分たちの中ではちょっとした課題というか、ワンマンでもアコースティックコーナーを何度かやってきたんですけど、正解が分からずというか。お客さんも実際それを求めているのかとか、自分たちにリアリティがあるのかとか、いろんな葛藤があったんです。でも、SCANDALの活動を1秒でも長く続けたいなと思っている中で、いつかアコースティックのサウンドやったりっていうのが必要になるタイミングがくるなってずっと思っていて。それがいつになるか分からなかったんですが、全員がチャレンジしてみようという時に、やるべきものだとは思ってたんです。そういうことを含め武田さんには色々話してたんです。「やってみたいけど、今じゃないかもしれないんですよね」みたいな。で、武田さんが返してくれたのがこの「ランドリー~」のアレンジだったんですよ。すごく嬉しくって、今やるべきだよって背中を押してくれるような感じがしたし、今やるべき曲だったんじゃないかと思ってますね。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE