ビヨンセ、米TV番組で医療従事者の人々へ「星に願いを」を披露

米ABCの番組「ディズニー・ファミリー・シンガロング」にサプライズ出演したビヨンセ

ビヨンセは、米ABCの番組「ディズニー・ファミリー・シンガロング」にサプライズ出演し、医療従事者の人々に「星に願いを」の歌を捧げた。

ライアン・シークレストがホストを務めたこの番組では、自宅でディズニー映画の名曲を歌うアーティストたちが登場した。
ビヨンセは、ディズニーの名曲「星に願いを(When You Wish Upon a Star)」を自宅で歌う前に「私たちの健康と安全を守るため、疲れを知らずに働いてくれている医療従事者の皆さんに、この曲を捧げたいと思います。私たちは、皆さんのことを心から感謝しています。希望を捨てないで、家族をしっかりと抱きしめてあげてください」とコメントを述べ、COVID-19レスポンスファンドが、全米の地元のフードバンクに食料と資金を届けるために使われているという「フィーディング・アメリカ」にも言及した。

アリアナ・グランデは、ディズニー映画『ヘラクレス』の「恋してるなんて言えない(I Won’t Say I’m in Love)」を披露した。マルチスクリーンショットでは、すべてのパートを自身でハーモニー重ねている映像も公開。

クリスティーナ・アギレラは、 ライオン・キングの「愛を感じて(Can You Feel the Love Tonight) _を、デミ・ロヴァートとマイケル・ブーブレは シンデレラの「夢はひそかに(A Dream Is a Wish Your Heart Makes)」を、リトル・ビッグ・タウンは、メリー・ポピンズの 「お砂糖ひとさじで(A Spoonful of Sugar)」 を、ジョシュ・グローバンは、トイ・ストーリーの「君はともだち(You’ve Got Friend in Me)」を披露した。

Translated by Rolling Stone Japan

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE