松田聖子、松本隆との史上最強コンビで描いた新たな女性像

松田聖子 1985年撮影(Photo by Tim Roney/Getty Images





「J-POP LEGEND FORUM」松田聖子40周年Part2。今年がデビュー40周年の松田聖子の軌跡を辿る1ヶ月。1982年「野ばらのエチュード」から1984年「Rock’n Rouge」をお送りしました。今流れているのは、この番組の後テーマ曲、竹内まりやさんの「静かな伝説(レジェンド)」です。さっき思わず史上最強トリオと言ってしまったんですが、先月のゲスト近藤雅信さんが史上最強A&R。史上最強が多いなと思ったりしました(笑)。でも松本隆さんと松田聖子さんは1981年から1988年までコンビが組まれていて、全部松本さんが詞を書いたアルバムが8枚あるんです。1曲だけ聖子さんが書いた曲が1枚あって、合計9枚が松本隆さんの主導で、全部1位ですよ。シングルが1981年の『白いパラソル』から1988年の『Marrakech〜マラケッシュ〜』まで17枚あるんです。聖子さんのその間のシングルは全部で20枚あって、松本さんが担当した17枚が全部1位。シングルとアルバムでこれだけ1人の作詞家が1位をとったアイドルはいないですよ。AKB48とか乃木坂46も全部秋元康さんが書いていますが、秋元さんはシングル盤中心ですからね。アルバム毎にこれだけ数を重ねて時代を追って、アーティストの成長に合わせてそれぞれ完結させたストーリーを作り出した歌い手と作詞家は他にいないと断言しちゃいます。これが史上最強じゃなくて何なんですか、などと言ったりしておりますが、これが史上最強と言われる所以でありますね。で、そこから一人歩きしていったのが松田聖子さんですよ。もう若大将という次元では語れなくなっている、そういう話は来週以降になります。


松本隆さんが松田聖子に提供した歌詞をまとめた詞集「秘密の花園」を手にした田家秀樹



<INFORMATION>

田家秀樹
1946年、千葉県船橋市生まれ。中央大法学部政治学科卒。1969年、タウン誌のはしりとなった「新宿プレイマップ」創刊編集者を皮切りに、「セイ!ヤング」などの放送作家、若者雑誌編集長を経て音楽評論家、ノンフィクション作家、放送作家、音楽番組パーソリナリテイとして活躍中。
https://takehideki.jimdo.com
https://takehideki.exblog.jp

「J-POP LEGEND FORUM」
月 21:00-22:00
音楽評論家・田家秀樹が日本の音楽の礎となったアーティストに毎月1組ずつスポットを当て、本人や当時の関係者から深く掘り下げた話を引き出す1時間。
https://cocolo.jp/service/homepage/index/1210

OFFICIAL WEBSITE : https://cocolo.jp/
OFFICIAL Twitter :@fmcocolo765
OFFICIAL Facebook : @FMCOCOLO
radikoなら、パソコン・スマートフォンでFM COCOLOが無料でクリアに聴けます! 
cocolo.jp/i/radiko

Rolling Stone Japan 編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE