泉谷しげる、サディスティック・ミカ・バンド、シャネルズ、熱狂の海外ライブアルバムを辿る

Sadistic Mika Band Singer Mika Fukui performing with Japanese rock group, the Sadistic Mika Band, on one of two nights at the Empire Pool Wembley London, 17th and 18th October 1975. The group is supporting English art rock group Roxy Music.(Photo by Micha






いやあ、クワマンさんのトランペットいいですね。鈴木雅之さんは今年がデビュー40周年で、4月に4枚組アルバム『ALL TIME ROCK ’N’ ROLL』を発売しました。このアルバムには当時、アマチュア時代にやっていたドゥー・ワップとかロックンロールのカバーも入ったりしてるんですね。今まで40年間で見せなかった、アマチュアだったシャネルズ時代のマーチンさんが伺えるアルバムになっているんですよ。マーチンさんのツアーも来年に延期になってしまいました。この「WHISKY A GO GO」のライブのような雰囲気のツアーが見れるんじゃないかなと思っております。

静かな伝説 / 竹内まりや

「J-POP LEGEND FORUM」ライブ盤特集Part2。今週は泉谷しげるさん、サディスティック・ミカ・バンド、シャネルズの海外で録音されたライブアルバムをお聴きいただきました。流れているのは、この番組の後テーマ、竹内まりやさんの「静かな伝説(レジェンド)」です。海外でライブをやりたい。こういう希望や憧れのようなものは今も昔も変わらないと思うんですね。でもやり方はかなり変わりましたね。今はワールドツアー、海外ツアーというのも組めないことはない、夢ではないという時代になりましたが、1970〜1980年代前半という海外旅行すらポピュラーじゃない時代に、こういう老舗のライブハウスに出るという、音楽を始めた人間として一度はやってみたいという強い憧れに駆り立てられて、向こうに渡った。そういうライブですね。やはり日本で収録されたライブとは熱が違っているなとお感じいただけたら幸いです。ライブハウスという場所の役割も当時と変わったりしているので、同じように海外のライブを録音するライブアルバムが出るという風には限らないのかもしれないなと思ったりしております。でも日本にもそういう老舗のライブハウスはありますからね。それにしても、こういう話をしていると、早くライブハウスでのライブが解禁されるといいなというところに落ち着いてしまいますね。早く、その日が来ることを願って、また来週!



<INFORMATION>


田家秀樹
1946年、千葉県船橋市生まれ。中央大法学部政治学科卒。1969年、タウン誌のはしりとなった「新宿プレイマップ」創刊編集者を皮切りに、「セイ!ヤング」などの放送作家、若者雑誌編集長を経て音楽評論家、ノンフィクション作家、放送作家、音楽番組パーソリナリテイとして活躍中。
https://takehideki.jimdo.com
https://takehideki.exblog.jp

Rolling Stone Japan 編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE