FISHMANSが挑んだAR拡張現実化ライブ ディープな夜に示した「INVISIBILITY」

完全無観客ライブ「FISHMANS AR LIVE INVISIBILITY」を開催したFISHMANS

FISHMANSの完全無観客ライブ「FISHMANS AR LIVE INVISIBILITY」が、2020年6月14日に生配信された。

このライブは、ライブストリーミングスタジオ「DOMMUNE」とau 5G (KDDI)が、渋谷パルコ内にオープンさせた最先端テクノロジーを活用した5G時代の配信型スタジオ「SUPER DOMMUNE tuned by au5G」から生配信されたもの。渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト(au 5G)のAR技術を導入してFISHMANSのライブを拡張現実と融合させて届けようというものだ。

ライブのテーマは「INVISIBILITY」=「みえないもの」。時代を越えて今なお進化を続けるFISHMANSにとって、1999年に惜しくもこの世を去ったヴォーカリスト・佐藤伸治の存在は、肉体は見えないものの精神的支柱として常にその音楽と共にある。「この世のものすべてには実体がなく、同時に、その実体のないものが縁によって、目に見える存在になっている」(※DOMMUNEのイベント詳細より引用)ということで、メンバーは円になり、全員が中央を向いての演奏を敢行。スタジオでFISHMANSが生み出すグルーヴがオンライン上で視聴者との大きなサークルとなり人々のエネルギーになっていく……。そんな、最新の技術の導入と明確なテーマの元に行われたライブは、コロナ禍の中で続々と開催されている無観客ライブ配信とは一線を画すものだ。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE