憂歌団とTHE BLUE HEARTSのライブ盤から見る日本のブルース

THE BLUE HEARTS


ハンマー / THE BLUE HEARTS
リンダ リンダ / THE BLUE HEARTS

THE BLUE HEARTSの1996年に発売になったライブアルバム『LIVE ALL SOLD OUT』から「ハンマー」、「リンダ リンダ」の2曲を続けてお聴きいただきました。「ハンマー」は1987年2月に出た自主制作シングル『人にやさしく』のカップリングですね。「リンダ リンダ」は同年5月に出たメジャーデビューシングルです。このライブレコーディングは1991年のNHKホールと1992年の武道館。そういう意味では後期の録音ということになりますね。THE BLUE HEARTSがどういうバンドかという説明には、こんなわかりやすいに曲はないかなと思ったりもしました。「ハンマー」では、ハンマーが僕らの頭の上で振り下ろされるんです。ハンマーが世界中至る所で打ち下ろされる。打ち下ろされる側の歌なんですね。「リンダ リンダ」もそうです。忌み嫌われるドブネズミみたいに美しくなりたいと歌っているわけです。ドブネズミを美しいと歌っているのは、憂歌団と通じますね。最初の全国ツアーもドブネズミツアーでした。

THE BLUE HEARTSを初めて観たのは1987年の日比谷野外音楽堂でした。ドブネズミツアーの前で、東京でのお披露目のコンサート。4月に日比谷野外音楽堂でラフィン・ノーズがライブをやって、事故で亡くなってしまう方いた。THE BLUE HEARTSはパンクバンドでしたから、会場に警備があって、客席の通路の間に鉄柵が組まれて移動できないという異常な状態でライブが始まったんです。そしたら甲本ヒロトさんが「何だか動物園みてえだな」と言ったのが印象的でした。ステージから同情されるライブでありました。その後に1987年8月に熊本県阿蘇郡で行われた野外イベント、BEAT CHILDに、THE BLUE HEARTSも出たんです。その時もヒロトさんは「ウッドストックみたいだな」とおっしゃっていました。BEAT CHILDの時にはまだこの曲は誕生していなかったなと思いました。「青空」

Rolling Stone Japan 編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE