テイラー・スウィフト、新作に仕掛けた賢いマーケティング戦略

ニューアルバム『フォークロア』の発売を発表したテイラー・スウィフト(Photo by Beth Garrabrant)


テイラー・スウィフトの公式サイトによると、CDは商品購入から2〜3週間以内に出荷される。それに対し、カセットの発送までにかかる期間は8週間、アナログレコードはなんと16週間——11月末の感謝祭にやっと間に合うといったところだ。ここまで時間がかかるのは生産上の都合である可能性はあるものの、実際は意図的なものだろう。ボーナストラックが聴けるまでファンに2〜16週間待たせるのは、アルバムの売上枚数が下降しはじめたあともアルバムにずっと興味をもってもらうのに最適な方法だ(本誌の質問に対し、スウィフトの広報担当とレーベルからのコメントはなかった)。

ここで11月に早送りしてみよう。待ちに待ったアナログ盤がようやく届き、あなたはさっそく聴いてみたいと思うはずだ。リリースから数カ月後にアルバムを聴き直すことで、もしかしたらストリーミングでリピートし続けたいと思うかもしれない。とりわけ、幻想的でフォークロリックな雰囲気に包まれた同作は、秋や冬の夜長のお供にぴったりだ。

超大物シンガーによるアルバムのサプライズ・リリースの発表。こうした戦法でメディアを大いに沸かせたおかげで、テイラー・スウィフトの新作はリリース週の大成功を約束されたようなものだ。それにちょっとしたボーナストラックというマーケティング戦略が加わった結果、『フォークロア』はスウィフトにとってこの一年の集大成となるセールスを記録するに違いない。

【関連】独占|テイラー・スウィフト胸中激白インタビュー|完全翻訳版


Translated by Shoko Natori

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE