Nothing's Carved In Stoneが語る、この時期だから大切にしたい「根本的なこと」

Nothing's Carved In Stone(Courtesy of Nothing's Carved In Stone)



「ライブをやっている中で育っていった曲を選んでます」

―選曲はどんな風に?

生形:みんなで決めました。みんなのやりたい曲ですね。

村松:ライブをやっている中で育っていった曲を選んでます。ただ、真一がよく言っているんですけど、リテイクのアルバムを作るためにアレンジしたバージョンを演奏するのって、あまりよくないねって。もともとのアレンジは、じゃあなんだったんだっていうか。今まで作ってきた楽曲のクオリティは、アレンジも自信があるもので出してきたので。でも、グルーブとタイミングとか、ライブで変わってきた部分とをパッケージしています。なので自ずと選曲もライブでやっている代表曲ばかりになっていきましたね。

―グルーブはすごく感じましたね。生形さん的に特に推しの曲はありますか?

生形:どれも良かったけど、最後に収録されている「BLUE SHADOW」っていう曲はファンの子たちはセルフカバーに入ると思っていなかったと思うんです。曲を決めていく時に、ばーっとやりたい曲を出して、代表曲はこれだよねって出していったら、アップテンポの曲ばっかりになっちゃって。さすがに何曲かゆったり目の曲も入れようよと、5、6曲候補を出して……「BLUE SHADOW」は最後に決まったんだよね?

村松:うん。

生形:最後の最後まで、「BLUE SHADOW」ともう1曲候補曲があったんですけど、拓ちゃんが「BLUE SHADOW」がいいって言って決まったんだけど、この1曲があるだけで、アルバムがすごくよくなりました。ベストっていう意味合いだけじゃなくなった気がするし。この曲が2枚目の最後に入っていることにもすごく意味があるような気がするし。バンド初の野音の本編の最後にやっていたので、ファンの子たちは意外だと思う反面、ああこの曲か、と思うんじゃないかな。選曲の中で、一番ポイントになっている曲かなと思います。あとは演奏もすごくうまくいきました。音色も気に入ってますね。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE