ラッパーLEX、人生の喜怒哀楽を込めて仲間と作った『LiFE』

LEX


ーRolling Stone Japanで以前取材させていただいたときは、「LEXとして2、3年先のことまで考えてどういう風にこれからやっていくのか」というお話もしていただいたきました。コロナの影響でツアーも中止になったりと、当時は全く想像してなかった2020年がやってきたと思います。

今回のアルバム『LiFE』自体は去年から考えていましたし、こういう状況下でアルバムを出さない選択肢もあったけど、ここで戦えなかったら、コロナが収束してからも駄目かもしれないから。マーチャンダイズ、アパレルとかはいつもこっそり考えたりしてますね。コロナっていうのが大きな狂いの一つだけど、それに同調していったら駄目かなっていうのはずっとあったかな。

ーこの間も、JP THE WAVYくんが配信でライブをやっていてLEXさんも呼ばれてましたけど、自分だったらこうやってやりたいという配信ライブの形はありますか?

街中のステージで何か大きなセットを作ってもらったり、軽トラの中からでもめちゃくちゃ面白そうな配信ライブやってみたりしたいですね。街の中だったらフラッシュモブみたいな感じでバーッといきなり始まって、曲が流れて歩いてる人たちがダンスを始めて、結局おもしろそうな終わり方でそこで配信終了とか。そういうのもやってみたいです。

ーライブがやりづらい状況は依然としてありますよね。もちろんアーティストもそうだし、ライブを作ってくれる裏方さんの人たちも、何もできない状況だから大変ですよ。周りのラッパーや裏方、ライブ施設からの悲鳴とかも耳にしたりしますか?

しますね。周りでもレコーディングの回数が減ったとか。歌詞を書けなくなったっていう人もいます。音楽との向き合い方も変わってくるし、地元に帰る人もいて。あとは、人との関わりがどんどん薄くなってるなって僕を含め皆が感じているし、こういう時だからこそ部屋の中で1人自分と向き合ったり、逆に積極的に他人と繋がろうとしたりもしてます。

ーこういう状況になっても、自分の音楽への向き合い方は変わらなかったんですか?

そうですね。何か今まで以上に広く作ってやろうっていう積極的な気持ちが増えてますね。今回のアルバムは去年から計画していたものだったけど、前EP『NEXT』は、コロナの自粛ムードの中でちょっとスケジュールが空いちゃった時期を埋めたいなと思って作ったんですよ。だから『NEXT』の方はコロナに対する想いとか、衝動があったかもしれないです。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE