BAND-MAID、武道館お給仕セトリで見せつけたバンドの実像

BAND-MAID(photo by MASANORI FUJIKAWA)



今回、BAND-MAIDの日本武道館でのお給仕は叶わなかった。それを発表するにあたって「「ちょうど一年前、日本武道館の発表をした時、私達は大きな挑戦に不安を抱えていました。しかし、この一年を通してコロナ禍で活動の制限もありましたが、皆様の温かい声援のおかげで、武道館お給仕がきっと出来ると信じて活動してきました。日本武道館お給仕を発表した時の、地鳴りのような歓声と拍手は凄く、メンバー全員で歓喜したことを今も強く覚えています」と、公式にコメントしている。

世界征服を目標とするメンバーが「日本武道館は通過点である」と語ったとはいえ、これまでの活動で培ってきた想いや準備してきたものをぶつける場所を失ったと考えると、気落ちしていることは想像に難くない。このコロナ禍の中で「明日が見えない不安に溺れていって 何もできない不甲斐なくって」と、自分たちの不安とファンへの申し訳なさと同時に、「会えない日々でも僕らは育っていくんだ 変わらない気持ちちゃんと包んで ただ前へ ただただ前へ 差し伸べるよ」と、世界へ向けて、これまでと今のBAND-MAIDが培ってきたものと精一杯の想いを屈託なく伝える。できることなら直接会ってファンを元気付けたいであろうし、見失いそうな希望を感じさせるために作られたこの楽曲も直接届けたかったはずだ。それでも、SAIKIがバンドを代表して語った気持ちとともに、彼女らが精一杯奏でる一縷の望みが画面を超えて混沌とした世界中に届けられた。

ここからさらに一時間以上彼女らのライブは続く。メンバー皆がMCで大はしゃぎして仲睦まじい様子も見せれば、BAND-MAIDの持ち味であるヘヴィでアッパーなサウンドで最後までギアを上げていく。彼女らにとってはお得意でもあるステージでの姿が、先ほどのSAIKIの言葉によって、より皆を力付けさせるものに感じられた。「また絶対に会える日が来るので」。自分たちとファンへ言い聞かせるように、奮い立たせるように力強く叫んで、最後は定番曲「DOMINATION」でライブは終了。これまでのBAND-MAIDを遡りつつ、今の世界に伝えたいことをしっかりと体現してくれた最高の彼女たち。いつか必ず日本武道館の舞台から直接その想いを届けてくれる。そんな日を、今からすでに待ち遠しく思う。



<公演情報>

BAND-MAID
オンライン配信ライブ「BAND-MAID ONLINE OKYU-JI(Feb. 11, 2021)」
開催日:2021年2月11日(木)

=セットリスト=
1. Warining!
2. DICE
3. Screaming
4. I can’t live wtihout you
5. BLACK HOLE
6. Thrill
7. REAL EXISTENCE
8. Don’t let me down
9. alone
10. FREEDOM
11. YOLO
12. Don’t you tell ME.
13. After life 
14. NO GOD
15. 輪廻 
16. without holding back
17. サヨナキドリ
18. about Us
19. Daydreaming
20. Mirage
21. Bubble
22. Manners
23. onset
24. Choose me
25. Blooming
26. different
27. Giovanni
28. DOMINATION

BAND-MAID HP:https://bandmaid.tokyo/

Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE