w.o.d.が語るハイエナジーなロックの真髄「自分を救ってくれた存在に俺も近付きたい」

「こんなやつがいてもええやろ?」みたいな気持ち

ー今作のサウンドはどことなく『エクスターミネーター』期のプライマル・スクリームも想起させます。

サイトウ:そこはめっちゃ影響受けてると思います。ていうか、あの頃のプライマル・スクリームは世界一ですよね。ケヴィン・シールズがギター弾いて、マニがベース弾いて、ボビーは歌ヘタなんやけど、めちゃくちゃセクシーで。あれはマジで最強のロック・バンドだと思う。



ーベースの叙情的なフレーズで始まる「relay」も、過去2作にはなかった新機軸ですね。

Ken:あの曲はベースラインから作り始めたんです。サイトウから「何かかっこいいベース弾いて」と言われて、そこで俺がなんとかフレーズを絞り出したところから徐々に発展していったんだよね?

サイトウ:「relay」はメロディもあのベースラインありきで考えたからね。あと、『モーニング・ビュー』あたりのインキュバスもちょっとイメージしてた。構成としてもスタンダードな曲なので、エモーショナルになりすぎず、かといって丁寧にもなりすぎず、その絶妙な塩梅を突きたかったというか。年齢的にも技術的にも、今の俺たちだからこそ出来た曲だと思います。

ーリリックに耳を傾けると、今作には日々の憂鬱なフィーリングがいくつも捉えられていますね。これもサイトウさんの感情から切り取られたものなのでしょうか?

サイトウ:歌詞に関しては、そのときに思ってることをそのまま歌えばいいと思ってます。逆にいうと嘘はつけないので、どうしても自分の歌詞は真顔な感じになっちゃうというか。俺自身はただ毎日楽しくやっていきたいと思ってるだけなんですけど、実際は生きてると楽しくないことの方が圧倒的に多いし、やっぱりそこは無視できないんですよね。それにニルヴァーナとかローリング・ストーンズも、歌詞は基本的に文句ばかりやないですか。あれは誰かを救おうとしているような言葉やないと思うんですけど、実際はそれで救われている人がいっぱいおるわけで。ロックってそういうもんだよなと、俺はどっかで思ってるんですよね。



ー自分が吐き出した言葉に救われる人もいるかもしれないと。

サイトウ:それこそニルヴァーナとかBUMP OF CHICKENみたいな、自分を救ってくれた存在に俺も近付きたいと思ってるし、今回のアルバムは「こんなやつがいてもええやろ?」みたいな気持ちで歌ってたところもあるんです。なんていうか、俺はでかい声で諦念を口にするやつがいてもええと思うし、そこにメッセージ性がなくたって全然ええやんと。たとえばクエンティン・タランティーノの作品はそんな感じですよね。自分の好きなものばかり並べて「どう? これかっこいいっしょ?」みたいな(笑)。ああいう作品がずっと俺の指針だったし、自分もただ歌いたいことを歌って、かっこいいものを作るだけだと思ってます。あとはとにかくライブ。昨年の秋冬に東名阪で久々にライブやったんですけど、その時がもうホンマに楽しくて。こんなに細胞が沸きたつことってあるんかと思いましたね。

元良:久々だったのは俺らだけじゃなくて、お客さんもそうですよね。自分が求めてたのはこれだってことを、お互いに感じられるライブだったな。

サイトウ:これはやっぱりライブやらなあかんなとあの時は思いましたね。マジで人生が変わるくらいの体験やったし、今度のツアーは毎回そういうライブにします。あんなに楽しいことはまず他にないですから。






w.o.d.
『LIFE IS TOO LONG』
2021年3月31日リリース
視聴・予約:https://ssm.lnk.to/LIFEISTOOLONG


ONE MAN TOUR “バック・トゥー・ザ・フューチャーIII”
2021年5月7日(金)千葉県 千葉LOOK
2021年5月9日(日)埼玉県 西川口Hearts
2021年5月16日(日)岡山県 PEPPERLAND
2021年5月22日(土)長野県 LIVE HOUSE J
2021年5月28日(金)宮城県 SENDAI CLUB JUNK BOX
2021年5月30日(日)北海道 Crazy Monkey
2021年6月11日(金)福岡県 INSA
2021年6月13日(日)大阪府 梅田CLUB QUATTRO
2021年6月19日(土)香川県 高松TOONICE
2021年6月20日(日)愛知県 ElectricLadyLand
2021年6月25日(金)東京都 LIQUIDROOM

チケット一般発売 4月3日(土)10:00より
イープラス / ローソンチケット / チケットぴあにて発売開始

w.o.d.公式サイト:http://www.wodband.com/

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE