ベールに包まれたシンガー、Anonymouzが告白「孤独に刺さる歌を」

Anonymouz


ー中学生になると将来の夢を考えると思うんですけど、その時はどんな未来予想図を描いてました?

唯一やりたかったのが歌でした。それで母に相談をしたらボイトレに通わせてくれて、そこからボイトレスクールの発表会を経験した時に「やっぱり歌が好きだ」という気持ちが確信に変わって。みんなが「先生になりたい」とか現実的な夢を決めていく中、私は小さい頃から憧れだった歌手になる夢を抱きました。

ーそれが定まったのはいつですか。

ギターを買ってもらって、ボイトレに通い始めてからだったと思います。なので14歳の時には歌の世界でやっていこうと決めていました。

ー当時はどんなアーティスト像をイメージしてました?

YUIさんみたいにギターで弾き語りをするJ-POPシンガーになりたいと思っていたんですけど、やっていく中で自分にしかできないことを模索するようになりました。母が外国の人なんですけど、もしかしたら英語と日本語を混ぜて会話をしてたことが私を少数派にしてくれる要素なのかなと思うようになってから、英語の曲を書くようになりました。

ー日本語を覚えるのと英語を覚えるのと、どちらが早かったですか。

日本語だったと思います。とはいえ母が話しかけてくるのはいつも英語なので、最初は英語を聞いて日本語で返す感じでした。それから母にわかってもらいたい気持ちで英語を使うようになったら、少しずつ喋れるようになっていった気がします。

ー高校時代はどうでした?

通信コースという時々しか通わない高校に入ったので、そんなに友達ができたわけじゃなくて。その間もずっと家でギターを弾いて、ひたすら歌を歌う3年間でした。

ー学校に通わない日は、どういう1日の過ごし方をされていたんですか。

携帯のメモに「どう過ごすのか」と細かく予定を書くのが好きで、家の中にいるとしても8時に起きて、9時に布団を干して洗濯機を回して、みたいにすごく細かくタスクを決めてました。結構何もしてないように見えて、レポートは何時に書くとか自分の中では忙しい日々を送ってましたね(笑)。

ー音楽活動は?

どういうアーティスト活動をやっていくべきなのか中々定まらずに、とにかく曲を作っていました。自分と向き合っていく中で英語を話せることが強みになるかもしれないと思ってから、英詞カバーに取り組み始めて、今の活動に繋がっていきました。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE