ベールに包まれたシンガー、Anonymouzが告白「孤独に刺さる歌を」

Anonymouz


ー過去の作品を振り返ると、どんな想いが込められていますか。

1stEP『No NAME』はAnonymouzの尖った部分と言いますか、あまり素性を明かしていないミステリアスなりに悲しみとか痛みの部分を表現した作品。2ndEP『Addiction』は前作よりも優しさを取り入れたような感じで、「Eyes」がまさに優しい曲なんですけど、暗いだけじゃなくてちょっと光が差し込むようなEPを目指して作りました。今回の3rdEP『Greedy - EP』は「ここからもっとAnonymouzを大きくしたい」という欲張りな気持ちを込めた1枚で、ちょっとポップで、本当にグリーディ(貪欲)な作品になりました。

ー欲張りな部分はどこに表れているのでしょう?

「足りないよ」は「もっと愛されたい」とか分かりやすく欲張りな歌詞なんです。「In Our Heart」、「Homesick」も向上心という意味での欲張りとか自分を縛っちゃうような欲張りとかも込めたので、まずは歌詞も読んでいただけたらより分かると思います。

ー1曲目「足りないよ」は珍しくジャジーな日本詞の曲ですけど、どういうきっかけで作ることになったんですか。

Anonymouzが始まる前はこういう曲ばかりを書いていたので、どちらかというと「足りないよ」は自分の中で幼くて、歌っている時もちょっと恥ずかしくなる感じがあって。それこそジャズチックな曲を書けたら良いなということで、ノラ・ジョーンズさんのコードを真似しながら日本語を乗せてできた曲でした。



ー確かに、ノラ・ジョーンズのニュアンスは色濃く出てますね。

オシャレなコード感というか、ジャズっぽいコード感が歌っていて一番しっくりきて言葉が震える感じがしたんです。個人的に「足りないよ」は新しい挑戦というよりは、書きやすい印象がありました。

ーレコーディングはどうでした?

今作の中で「足りないよ」は一番時間かけて歌いました。自分の力を出し切ったと思っても、ヘッドフォンで聴くと全然イメージ通りになってなかったので、この曲は何回も撮りなおして理想に近づけました。

ー何が足りなかったんですかね。

初めて日本語だけの曲だったから、すごく感情を込めたかった気持ちが逆に大袈裟になってしまったりとか、引かなきゃいけないところもが引ききけれてなかったり、もっとしっかり歌っていいところが語りっぽくなっていたりとか。そういうのがちゃんと収まりがいいように、バランスを考えるのが大変でした。やっぱり欲張りだからと言って、ずっと叫ぶように歌っても誰にも届かないと思うので、引くところは引いて足すところは足すというのを意識しましたね。

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE