今市隆二が語る、混沌から生まれたR&Bの可能性、託されたEXILEのDNA

今市隆二(Photo by ティム・ギャロ、Styling by 渡辺康裕)



Chaki Zuluとアーティスト空山基

ーあとやっぱり、冒頭の「Introduction」ですよね。Chaki Zuluさんのトラックでぐっと引きこむインパクトと、空山さんのアートが合わさると、一気に『CHAOS CITY』の世界に引き込まれるなと思って。

今市:あのイントロも、できるまでに何工程かあって、やっと辿り着いた感じなんです。最初80’s絡みの音ではあったんですけど全然違う感じで、なかなかうまくいかなくて。で、Chakiさんと話して、ちょっとナイトライダー感というか、Kavinsky的な感じの曲をやったらいいねってなって、Chakiさんがあげてくれたんです。やっぱChakiさん、さすがだなって思いましたね。短い秒数ですけども、この曲があることですごく『CHAOS CITY』の世界観を伝えられるなっていうか。今後、このイントロも踏まえた、もっと『CHAOS CITY』を匂わせるような楽曲もいろいろ出していけたらと考えているので。『CHAOS CITY』自体、アルバムタイトルなんですけども長期プロジェクトとしても捉えてほしいので、長きにわたって『CHAOS CITY』プロジェクトで、いろいろ仕掛けてこうと思ってます。

ーChakiさんとはこれまでもクリエイターとして携わってきたと思うんですけど、今回のように単独で作曲してもらったのは初ですか?

今市:最初にChakiさんと関わらせてもらったのが、「RILY」っていう自分のソロの楽曲のインストです。それからの出会いなので、今ではもう「RILY」もそうだし、「Trick World」って曲とか、あともう何曲かセッションしたりしているので。今後もしっかりとコミュニケーションとってつきあって行きたい人だなとすごく思います。

ー今や本当に、最先端をいくトラックメーカーというかクリエイターのひとりですよね。

今市:そうですね。なんでもできるって感じです。なにやってもすごい。

ーChakiさんと最近のトレンドのこととか、情報交換みたいなこともしたりするんですか?

今市:LINEして話したりしますね。でも一番音楽の話するのは、Chakiさんのスタジオに行ったとき。自分とChakiさんとDJ DARUMAさん。DARUMAさんがつなげてくれた縁でもあったので、3人で音楽の話をしますね。ふたりともやっぱめちゃくちゃ音楽詳しいので、勉強になります。、毎回すごく刺激を受けますね。もちろん音楽もそうなんですけど、カルチャーとかもあの2人はすごく詳しいので。昔の不良の話とか(笑)、そういういろんな話を聞かせてもらったりして。だからあの2人といる時間はすごく好きですね。もう1、2年前とかですけど、Tomorrowlandでトランスがメインで盛り上がりそうなんだよね、みたいな話とか。最近は「これ!っていうのないよね」って話しましたね。実際ないなと思いますし、だから逆に、これをやっておけば間違いないってものはないと思うので、本当に自分がフィールしたものをやるのがいいんじゃないかなと思います。

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE