「ゾンビランドサガ リベンジ」主題歌・挿入歌の制作者が語る、音楽の力とアイドルアニメの新境地

「ゾンビランドサガ リベンジ」第12話より(©ゾンビランドサガ リベンジ製作委員会)



「REVENGE」「輝いて」についての話

ー第12話のライブでは加藤さんの手がけた楽曲「輝いて」と「REVENGE」が登場しますよね。

佐藤:「輝いて」はいつか本編のどこかで流したいねって、みなさんが当時からずっと言ってたんですよ。

加藤:ちょっと感動的なミディアムバラード的な曲って、あまりこの作品にはなくて。曲自体は日清さんのタイアップ企画で走っていたこともあって、そのあたりもありきで同時に作ったものだったんですけど、僕としてはちょっとしっとりした部分のフランシュシュを出そうというコンセプトで取り組んでみた曲なので。それがこのOAで、感動的なラストにダーンと歌ってもらえたことに僕自身はすごく喜んでいます。出だし、あそこから入るところもすごい良かったです。

佐藤:構成を変えました(笑)。フルサイズ買ってもああはなってないので。

加藤:これ、歌詞を皆さんに聴いていただきたいんですけど、すごくいい詞が乗ってるんですよ。ちょうどリベンジの最終話でフランシュシュが歌うところにすごくマッチしていて、感動していただけたんじゃないかなと思っています。曲自体は僕が自分の持ち味であると思っている、濃いメロディで感動的にっていうコンセプトなんで、そんなに悩まなかったですよね。

佐藤:これは割とサクッとできた曲ですよね。

加藤:最初はいろいろと、間に違う要素を組み込みかけていたんですけど、最終的にはシンプルに感動的な形に落ち着きました。最初にセトリの話をしていただきましたけど、第1期からの続きのアニメの表現として、僕もそこがすごくいいと思っていました。

ー「REVENGE」はどうですか?

加藤:「REVENGE」は、僕が天才だと思っている浅利進吾くんが作曲をしているんですけど、それを僕がバトンタッチでアレンジさせていただいた形で。もう浅利くんのデモの時点で世界観ができあがっていましたので、僕はそれをいかにかっこよく聞かせるかってところに全集中するって仕事でした。よりかっこいい音に、よりかっこいい構成に、振り付け的にキメる部分をよりかっこよく見せるために、浅利くんのメロディをいかに生かすか。歌詞は古屋真さんで、古屋節が炸裂している。



佐藤:今回特に第12話のあの並びで聴くと、古屋くんの詞が光りますよね。いや、いい歌詞、と思って。今日来れないのが残念で(笑)

加藤:いや絶対ね、語りたいこといっぱいあったはずなんですよね。

佐藤:想いがすごくてSNSで漏れてます(笑)。

加藤:自分も負けてないと思うんですけど、彼のこの作品に対する情熱はすごいものなんですよね。

佐藤:想いが溢れちゃうんですよ。途中経過の映像とか、確認してもらいたい部分がたまに発生するんですけど、OAまで見ないですからね(笑)。

加藤:いや、OAで見たいんでって言って。

佐藤:あ、そうなんだ。じゃ、わかりましたって言って。

一同:(笑)

ー仕事を超えたものっておっしゃってましたけど、そういうものは大事ですね。

佐藤:そうですね。シナリオに歌詞が反映されることもあって、本当作詞家冥利に尽きるんじゃないかなと思うんですよね。例えば第1期でやっていた歌詞の内容とかが、リベンジになって少し反映される。佐賀事変の下りとかも、書いていた歌詞がシナリオ上で出てくるとか。すごく嬉しいことだと思います。

加藤:そんな中で割と中心になる役割を任せていただいたことは、僕はすごく自分の誇りにできるかなと思ってます。

ー本当に続きがあって欲しいですよね。

佐藤:熱の冷めないうちにやってほしい。

加藤:そのエネルギーを。どうなるんだっていうのをぶつけていきたいですね。

佐藤:でね、あとEFSライブのセトリで、アルバムを作りたいですよ。

ーそれはすごくいいですね。それだったらすぐにできそうじゃないですか?

佐藤:いや、すぐにはできないですよ(笑)。だってフルライブってことは、15、6曲はやるでしょ。足りないんですよ、曲が(笑)。だから今まで作品世界のなかのワンマンでやっている曲がきっと存在しているはずなので、それを作るところから始めないと(笑)。EFSライブのセトリの体でアルバム作りたいなとは思ってます! 可能かどうかはさておき(笑))

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE