清春が初ブルーノート東京公演で魅せたヴォーカリストとしての進化・深化

「KIYOHARU LIVE IN BLUE NOTE TOKYO」photo by 森好弘

清春が2021年8月9日、自身初となるブルーノート東京でのライブを開催した。ここでは第2部のステージのレポートを掲載する。

東京にブルーノートがオープンしたのは1988年。

202189日、この日、ブルーノートのステージに立った清春は91年に黒夢を結成し、94年にメジャーデビューを果たしている。その黒夢は所謂ビジュアル系にくくられていたことを思えば、清春がブルーノートのステージに立つことはミスマッチだと思う人がいるのかもしれない。実際本人もライブ中のMCで「この場所に慣れてなくて飲まれそうになる」とは語っていた。

関連記事:清春が語る「少数派」の生きる道、コロナ禍の配信で新たな表現を模索

Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE