泉谷しげるデビュー50周年、エレックからフォーライフへの変遷を本人と振り返る

泉谷しげる



眠れない夜 / 泉谷しげる

田家:北から南まで旅をしたのが伺えます。

泉谷:疲れ果てたということでもあるんだけど、経験だけのソングにするのではなくて、ポップという言い方は変だけど、イエローというバンドと知り合って音楽的レベルを上げたくて。ドラムの打ち方なんかも「こういうふうにやって」って言って、このフレーズをすぐに出したので、こいつらやっぱりすごいなと。

田家:ドラムはジョニー吉長さん。

泉谷:そうですよ。素晴らしい。

田家:ジョニー・ルイス&チャーに繋がります。

泉谷:自分はもう3枚目も4枚目も作っているわけで、ある程度音楽レベルを上げないと、アドリブだけではやっていけねえぞ、みたいな追い込まれ方ですよね。

田家:このアルバム『黄金狂時代』はイエローとラストショウ。アコースティックの名手が集まっている。かたや、ロックバンド、イエロー。泉谷さんはこの人たちとやりたかったんですか?

泉谷:そうですね。自分でイエローを見つけてきて。情報を聞いて見に行って。ムゲンで対バンをやっていたんです。ディスコにおいておくのはもったいないなと思って。

田家:泉谷さんはもともとローリング・ストーンズが憧れのバンドだったんでしょう。

泉谷:そうですね。だから、はっきり言えば、フォークよりはロックだなってことに目覚めちゃったってことですよね。

田家:エレックに入って、周りにはフォークだって言っている人たちがいる中で、ですよね。

泉谷:はっきり言えば、フォークあまり好きじゃないんで。ベトベト歌いやがってさ。リズムのあるものが大好きで。

田家:そういう中にいたから、強く出ようと思ったというのもあったのかもしれませんね。こいつらと一緒にされたくないみたいな。

泉谷:そこまで生意気ではないし、今思うとどれも良い曲だなって思うんだけど、当時は張り合っているから。生ギターの限界を感じたところもあるんじゃないかと思うんだよね。

田家:しかも加藤さんのプロデュースで『光と影』があって。

泉谷:あのポップさにちょっとびっくりしちゃって、自分自身が精度を上げていかなかったらダメかなって、そういうところに差し掛かっちゃったんだね。オリンピックに出るんだったら、もうちょっと頑張って練習し直せみたいに。

田家:アルバム『黄金狂時代』からもう1曲お聴きいただきます。「Dのロック」。

Rolling Stone Japan 編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE