泉谷しげる、90年代以降から「阿蘇ロック」に至るまでを振り返る

泉谷しげる



生まれ落ちた者へ / 泉谷しげる

田家:細かい話なんですけど、泉谷さんは「バラッド」という言葉に思い入れがあるんですか?

泉谷:ありますね。「バラッド」は自分の最終的にやりたかったものなんだろうなと。もちろんロックも大好きだけど、やっぱり向こうのアーティストを見ながらバラッドを歌える人って本当にかっこいいなって。

田家:『’80のバラッド』、『’90sバラッド』、「野性のバラッド」、『愛と憎しみのバラッド』。

泉谷:そうですね。あくまでも自分なりのバラッドなんだけど、テーマは歌詞で歌っている通り。

田家:生き延びる力を。

泉谷:そう。かっこつけの人生ですよ(笑)。馬鹿言ってんじゃねえよな、本当に(笑)。

田家:果てしない夢の続きを見ようと。果てしない夢の続きが「阿蘇ロック」に繋がる。

泉谷:それもそうだし、イメージ力ですよね。やっぱり、現実が先にあるのではなくて、イメージ先ありきじゃないですか。そう思い描くことが人の進化に繋がるというか。だから、やっぱり後退しないぞという意味だよね。だけど、かっこつけて好きな女と別れたくはないね(笑)。

田家:それはそうです(笑)。

泉谷:ちょっとそれは無理してるなみたいな(笑)。

Rolling Stone Japan 編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE