武井優心とタカハシマイが語る、ベッドルームミュージックから生まれた新ユニットの全貌

ーレーベルの名前をOrange Sunshineにされたのは、どういう理由からなんでしょう。

武井:これが一番難産だったんですよ。しっくりくる言葉がなかったんだよね。ただ、しれっと聞き流せるような言葉がいいなというのはあって。僕はサイケミュージックとかヒッピーカルチャーが好きなんですけど、Orange Sunshineという伝説のLSDみたいなのがあって、見た目はかわいいんだけど裏に毒も秘めているみたいな二面性もおもしろいかなと思って、そういう裏テーマも込めているんです。

ーそうした二面性は歌詞にも意図的に入れたりしていますか?

武井:最初の緊急事態宣言のとき、基本的に窮屈で怖いし不安な状態だったんですけど、同じ昼下がりでもたまに、妙に癒やされる日や許されるような感じがあったんです。自分の捉え方が違うだけで、天国にも地獄にも変わる感じがおもしろいなって。Living Ritaは二面性にフォーカスしていこうというテーマは2人で話していたものなんです。

タカハシ:武井さん自身にも二面性を感じる事があって、制作の時も、制作していない時もそうですけど、その差を結構激しく感じるというか。作品にちゃんと光の部分も落とし込めているのは、自分の中で歌っていていいなと思う部分です。個人的には制作だったりライブの時、負の重い気持ちを取り除いて取り掛かりたい方なんですけど、武井さんはそういう気持ちも全部作品に落とし込んでパワーに変えているので。そういった部分では自分も勉強になるし、いい表現になっているなと思っています。

ーアナログレコードを制作することも、今回重要なポイントになっているんでしょうか。

武井:レコードで音源を出したいというのは、当初からの目標であり夢でもあったので。エンジニアさんにもその旨は伝えて、全員が意識した制作にはなっていると思います。コロナ禍でレコードを聴いて、少ない楽しみを増やしていっている感じはあったので。

タカハシ:レコードで聴いていた音楽の方が、デジタルで聴いていた音楽よりも記憶に残っているなと感じるというか。ものとしてレコードプレーヤーに置く、そういう行程もすごく大事なんだなと思って。なので、レコードを今回出せてうれしいです。

ージャケットのイラストは、タカハシさんがイメージを伝えていったそうですね。



タカハシ:昔から付き合いのあるミドリちゃんという子にやってもらったんですけど、私の中で、ああいう色のマーブルがパッと浮かんで。すぐ武井さんに「こういう感じにするのはどう?」って伝えたら「いいね」ってなって、作ってもらうことにしました。

Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE