HollowBugが語る想い、人が人を好きになるような音楽をやりたい

HollowBug



―三浦さんはどういうきっかけで音楽を始めたんですか。

三浦周也(Dr./Cho):中学3年生の時、友達の家に行ったら電子ドラムが置いてあって。ちょっと叩かせてもらったら楽しくて。そんな小さなきっかけからドラムを始めましたね。それで高校生になったら軽音部に入ってバンドでドラムを叩いて、それからもずっとバンドをやってます。

―三浦さんがESPに通おうと思った理由は?

三浦:高校時代に先輩とバンドを組んでいて、その先輩がESPに行ったんですよ。そもそも音楽の道に進もうと決めていたので、自分もESPに行こうと思って。家族にはめっちゃ反対されたんですけど……何とか説得して進学を許してもらった感じですね。

柳澤:で、同じESPに通っていたギターの佐藤心平とドラムの三浦周也と出会い、私から「一緒にバンドをやろう」と声をかけて2017年にHollowBugを結成しました。



―最初の印象ってどうでした?

三浦:んー……とにかく変わった人たちでしたね(笑)。音楽性しかり人間性しかり、言葉では言い表せられないですけど、中々強烈で変な人たちという印象でした。

柳澤:佐藤に関しては高校時代から一緒に音楽をやっていたのと、とにかくギターが上手いし、ヴァイオリンやピアノも弾けるので、それも活かせたらすごいなと。周也は遊びで音楽をやっていない感じが出ていて、バンドを仕事に繋げられた時に適任だなと思いましたね。

―最初はどういうスタンスでバンドをやろうと思っていたんですか。

柳澤:何も考えていなかったですね。とにかくカッコイイ曲を作ろうぜ!みたいな感じで。ひたすらに曲を作っていた気がします。

三浦:僕もここまで続くとは思っていなかったです。ただ、最初の楽曲「虚ろ」が出来た時にすごい手応えがあって。このバンドを続けていきたいと思って、そこからHollowBugを本気でやっていく気持ちが芽生えました。

Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE