HollowBugが語る想い、人が人を好きになるような音楽をやりたい

HollowBug



―今作は、過去曲の「誰もいない」も収録してますね。

柳澤:これはバンドを組んで3曲目くらいに出来た曲なんです。その頃、私が病んでいたんですよね。だから荒くて暗くて、今では作れない初期衝動感がある。だけど今聴き返すと、やっぱりカッコいいなと思い、リアレンジして収録することになりました。前に比べたらだいぶ柔らかくなった気がします。私の友達に聴かせたら「前みたいな荒々しさはないけど、カッコよくてワクワクする」と言われました。

―2018年に出演したテレビ東京「水曜夜のエンターテイメントバトル エンタX」で、この曲を披露してましたけど、柳澤さんがただただキレてましたよね。

一同:アハハハ!

柳澤:いやぁ、キレてましたね! バチ尖りしてたな(笑)。あの時は色々迷っていて、人生の反抗期だったんですよ。一人暮らしで当たる人もいないから、とにかく曲にぶつけてました。

―でも、今作の曲と並べてもそこまで違和感がなかったですよ。

柳澤:あんまり変えたつもりはないけど、自然と柔らかくなったのかもしれないですね。

三浦:前はベースソロ、ギターソロとか歌に入らないパートがめちゃめちゃ長かったんですよ。アルバムに入れるなら間奏を見直したいとなり、楽器ソロを短くしたり、ギターソロがカッコいいのでドラムをもっとブラッシュアップしたくて、結構こだわりましたね。

ハマダ:ベースは元々のバージョンがカッコいいので、とりあえず練習しないとマジで弾けないって感じで必死でしたね。結果的に良い意味で聴きやすくなったのかなと思います。

柳澤:他の楽曲も含めて、今作はみんながやっていないような音楽になっている。「何だこいつら!?」という斜め上へ行ってる感じですが、本当に伝えたいことを表現したくて音楽をしてます。なにより私たちは売れたいんです、ということを伝えたいですね。

Rolling Stone Japan 編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE