「リトル・ミックスは永遠だから」独占インタビュー、涙で振り返る10年の歴史

リトル・ミックス


20代のプレッシャー、仕事とプライベートの両立

ーさて、この10年間、様々な変化が社会で起こりましたよね。#MeTooやブラック・ライヴズ・マターなどのムーブメント、LGBTQ+や多様性を受け入れようとする動きなど。そんな中で、リトル・ミックスもどう変化してきたと思いますか?

レイ・アン:10年間というより、ここ数年が大きかったよう思うな。そういう問題はずっと前からあったけど、避けてきたというか、見ないふりをしてきただけなんだけど。ここ2年間くらいで、急に対話が活発になったというか、やっと目を覚ました感じがする。すごく嬉しいわ。私たちの音楽への影響という意味では、社会問題に関して積極的に発していこうと思ったのは、アルバム『LM5』(2018年)くらいからだったと思う。それ以前から自分たちの声を挙げたい、影響を与えたいとは漠然と思っていたけれど。今やみんなが目を覚まして注意を払うようになったのは、とてもいいことだと思う。


『LM5』収録の「Woman Like Me」には「自分がなりたい女性になって、誰に何を言われても自分を愛そう」というメッセージが込められている

ー20代の大半をリトル・ミックスとして活動してきたわけですが、ブリトニー・スピアーズなどは、常に好奇の目にさらされていた20代がとても辛かったと語っていたりします。

ジェイド:そうね、まだ20代だから完全に過去形ではないけれど、ずっと有名人でいるのは、そうとう大変なこと。それは間違いないと思う。10代初めの頃の私は、普通の子どもだったでしょ。普通に生きてれば、当然失敗だってするわけで、でも、それで済んでいたのが、有名人になったら、その失敗の責任をどうするのかって、一挙一動をみんなに見張られている。常に見られていた20代のプレッシャーは、すごく大きかったわ。特に私たちの場合は、ティーンの女の子のロールモデルのように見られていたから、そう言われるのは嫌ではなかったけれど、大きなプレッシャーではあったかな。常に正しくあろうとするけど、そんなのムリよね(苦笑)。人間は誰だって間違いは犯すし、それで成長するわけだから。そういう意味では、プライベートや人間関係を上手くやっていくのは、有名人やポップスターにとって、すごく大変。至難の業だと思う。私たちが平静を保っていられたのは、お互いが支え合ってきたから。他のメンバーがいなかったら、私は10年間もムリだったと思う。ソロではムリだったと思う。大変だったり悲しい時に肩を貸しあったり、頼ることができたから切り抜けられたと思うし、楽しいことは、その分数倍一緒に楽しめた。グループ活動だったことを、本当にありがたく思っている。

ー音楽活動とプライベートの兼ね合いに関してはどうですか?

レイ・アン:スタートした頃は、まだみんな若かったから、頭の中にあったのは“世界一ビッグなグループになりたい”ってことだけだった。その目標が活力になったし、今でもそれは変わらない。でも、ある時点で自分のことや、自分の生活を優先しなきゃってことに気づいた。というか、プライベートがしっかりしてこそいい仕事ができると思うのよね。だから家族や恋人との関係を優先しなきゃって、そういうことを考えるタイミングなのかなという気がしている。でも、だからといってリトル・ミックスを疎かにってことじゃないのよ。妊娠中もそうだけど、早く仕事に戻りたくてウズウズしている私もいるわけで(笑)。


2ndシングルにして、今も愛される初期の代表曲「Wings」

ー日本の働く女性たちにとっても、仕事と家庭の両立は悩ましい問題です。何かアドバイスはあったりしますか?

ペリー:そもそも仕事をする女性が子供や家庭をもつことに対して、マイナスのイメージがあると思うの。かつては女性はどちらかを選択しなければならなかったけど、でも、私は必ずしもそうだとは思わない。両立できると思っている。強くて自立している人なら、何だって可能になると思う。私たちが恵まれていると思うのは、周囲に手を貸してくれる人がいるってこと。ツアーが始まれば頼れる人がいてくれて、家族もいれば、ジェイドもいるし、子どもの面倒を見てくれるわ。手助けしてくれる人がいるのはとっても心強い。パートナーと協力することでも、なんとできるはず。でも周囲に助けてくれる人が誰もいなかったとしたら、赤ちゃんを育てるのって、ホントそれはもう大変。とにかく、この世で一番大変なこと。絶対に(と思わず大声)。でも強い愛情と意志があれば、何とかやり遂げられると信じている。もちろん手こずったりもするだろうし、きっと私たちは遅刻常習犯になりそうね(笑)。

ー子育てもそうですが、コスメラインやファッションブランドなど、各自の活動を並行させつつ、グループとしての活動をどんなふうに進めていくつもりですか?

ジェイド:今では私たちのグループとしての絆はとても強いから、何でも正直に語り合えるし、各自のソロの成功だって喜んで祝福することができる。10年間も一緒にやってきたわけだから、それぞれ他にやりたいことが出来てくるのは自然なことだと思うの。ファンにも私たちそれぞれのやりたいことを見てもらういい機会になると思うし、それにグループは何があっても揺るがないってことは、私たちが一番よく知っている。頼れる仲間がいてくれるのは、最高のセーフティネットじゃないかと思う。いつでも“ハイ、ガール!”って手を振って戻れる場所があるなんて。私たちには強い絆があるから、それぞれが翼を広げて羽ばたくことを素直に喜べるのだと思う。

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

MOST VIEWED人気の記事

Current ISSUE